国内一覧/3ページ

国内ニュースを集めたページです。重大事件・事故の裏側や、めまぐるしく移り変わる政治情勢なども解説。昨今の世相や皇室の最新情報なども取り上げます。

タクシーでの感染リスクを抑えるために

コロナ禍における複数人での移動 タクシーより電車が好…

 コロナ禍で移動の自粛が求められた2020年から2021年にかけての年末年始。冬休みに帰省できなかったので、春休みこそ、という人も多いだろ…

2021.01.17 07:00  女性セブン

沖縄では、例年と変わらぬ成人式の光景が

密集して一気飲み、マスク未着用で動画配信 新しくない…

 首都圏で緊急事態宣言が発令される中、コロナ禍で初めて迎える成人式は、各地で厳戒態勢が敷かれた。だが、毎年“荒れる成人式”がメディア…

2021.01.16 16:00  週刊ポスト

菅政権の経済政策に各方面から厳しい視線(写真/共同通信社)

菅政権の経済政策に専門家から批判殺到 トヨタ社長もダ…

 後手後手に回ったコロナ対策で菅政権が窮地に陥っている。菅義偉・首相は「感染拡大防止と経済の両立」を掲げたが、その対応には、政府の…

2021.01.16 11:00  週刊ポスト

【動画】小室圭さん、「結婚を諦めたこともあった」証言も

【動画】小室圭さん、「結婚を諦めたこともあった」証言も

 いまだ解決の糸口が見えていない眞子さまと小室圭さんの結婚問題。金銭トラブルが明らかになり、結婚に対して世間の風当たりが厳しくなる…

2021.01.16 07:00  NEWSポストセブン

ジャマイカ出身の父とインド出身の母を持つ次期米副大統領のカマラ・ハリスさん(GettyImages)

菅首相「女性活躍の勢いを止めるな」に漂う言葉だけの“や…

 2020年11月11日、菅義偉首相(72才)の口から飛び出した言葉に、日本人女性の多くが呆然としたに違いない。この日は首相官邸で男女共同参…

2021.01.16 07:00  女性セブン

『報ステ』の誤報はなぜ起こったのか?(時事通信フォト)

テレ朝「安倍前首相聴取」誤報 社内調査で判明したバタ…

〈事務所に謝罪などこれからも対応が続く〉〈オンエア前のバタバタでニュースセンター長の耳に入っていなかった〉〈安倍事務所のリアクショ…

2021.01.16 07:00  週刊ポスト

客を見送る昭恵夫人

安倍前首相が母・洋子さんと散歩 妻・昭恵さんはなぜい…

 緊急事態宣言が発令された3日後の1月10日。冬晴れのなか、昼下がりの代々木公園を、杖をつきながら歩く品のいい老婦人と、それを支える中…

2021.01.15 19:00  週刊ポスト

(写真/PIXTA)

語尾が「…」ばかり「三点リーダー症候群」 相手のせいに…

「ですが…」「だよね…」など、文章の末尾に“てんてんてん”をつけるクセのある人はいないだろうか。この「…」は、「三点リーダー」といって、…

2021.01.15 16:00  女性セブン

(時事通信フォト)

新型コロナ死者数増加はこれからと専門家 緊急事態宣言…

 1月8日、東京都を中心とした1都3県に発出された緊急事態宣言は、2月7日まで続く予定だ。さらに13日午後には、大阪府、京都府、兵庫県、愛…

2021.01.15 16:00  女性セブン

(写真/アフロ)

日本のコロナ死者はもっと多い? 死後に陽性発覚する変…

 医師によって病気や老衰などの「自然死」と判断されず、犯罪によるものとの疑いがある死や事故死を「変死」という。変死は通常の医師では…

2021.01.15 07:00  女性セブン

菅義偉・首相の行動に側近たちも…

頑なにコロナ対策の失敗を認めない菅首相 ブレーンの心…

 危機に臨む総理大臣に求められるのは、正確な現実認識と、国民に語りかける「言葉」の誠実さだろう。緊急事態宣言で国民は生活に厳しい制…

2021.01.15 07:00  週刊ポスト

例年、歌会始は1月中旬に催されていた(写真は2018年の歌会始、時事通信フォト)

眞子さま 「歌会始」延期で封印された小室圭さんへの“愛…

 再び発令された緊急事態宣言は、皇室イベントにも影響を及ぼしている。新年一般参賀中止に続き、1月15日に予定されていた宮中行事「歌会始…

2021.01.15 07:00  週刊ポスト

(写真/アフロ)

新型コロナ、入院必要なのに入院できぬ感染者急増 医療…

 新年を迎えたばかりの1月3日、神奈川県横浜市でひとり暮らしをする60代男性の新型コロナウイルス陽性が確認された。年齢や基礎疾患などを…

2021.01.14 16:00  女性セブン

「MEGA地震予測」主宰の村井俊治・東大名誉教授が地震警戒地域を提言(撮影/藤岡雅樹)

AI地震予測が指摘 北海道や信越地方など、警戒すべき5つ…

 毎年、震度5弱以上の地震が10回ほど発生する日本で、いま警戒すべき場所はどこなのか──。 測量学の世界的権威である村井俊治・東大名誉教…

2021.01.14 16:00  週刊ポスト

安楽死法制化をどう考えるか(イメージ)

安楽死の法制化論争 「死ぬ権利」は認められるべきなのか

 日本でも安楽死法制化の議論がたびたび取り上げられるようになった。この問題について漫画家の弘兼憲史氏はこう指摘する。「我々団塊世代…

2021.01.14 16:00  週刊ポスト

SNSでNEWSポストセブンをフォローまたはプッシュ通知を受け取る

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
  • プッシュ通知

トピックス