国内

最新国内記事のRSS

上野の摘発風俗嬢は脱北者、店長は北朝鮮美人工作員だった

2010.11.12 17:00

 上野にある人気マッサージ店が禁止区域で風俗営業を行なっていたとして摘発された。実はその経営者や従業員は皆、脱北女性。しかも、北朝鮮のスパイだったという驚愕の事実が浮かび上がってきた―。  東京・上野駅にほど近い、飲み屋や風俗店が立ち並ぶ繁

 上野にある人気マッサージ店が禁止区域で風俗営業を行なっていたとして摘発された。実はその経営者や従業員は皆、脱北女性。しかも、北朝鮮のスパイだったという驚愕の事実が浮かび上がってきた―。

 東京・上野駅にほど近い、飲み屋や風俗店が立ち並ぶ繁華街の一角。焼き鳥屋やタイ料理店などが入った雑居ビルの一室にその店はあった。看板には『韓国式』『オイル+アカスリ』の文字。狭いエレベータで5階に上ると、中年女性が「イラッシャイマセ~」とカタコトの日本語で男性客を迎えていた。

 この店を利用したことのある男性が語る。「店のママは40代ぐらいでしたが、サービスの女の子は20代の美人ばかり。みんな韓国語を話して、日本語はたどたどしかったですね。カーテンで仕切られた個室でオイルマッサージを受け、最後に手でしてくれました。そのサービスで60分7000円、70分で8000円と安かったので、上野周辺では人気の店でしたよ」

 このヘルス店「らくらく」の店長・卓浄淑容疑者(49)が風営法違反(禁止区域営業)で逮捕されたのは、10月4日のことだった(25日、不法就労を助長した入管難民法違反容疑で再逮捕)。以下に詳述するが、卓は北朝鮮出身の脱北者であり、同時に逮捕された、従業員の女性7人も全員が脱北者だった。

 彼女たちは生活苦のため北朝鮮から韓国に脱出したものの暮らしはよくならず、日本で稼いでいたらしい。だが、それだけではない。その素性を洗っていくと、まるで異なる姿が浮かび上がってくる。実は、卓は日本の公安当局が1年ほど前からマークしていた重要人物だったのである。

 公安関係者がいう。「卓が新たに結婚した男性は、ホームレスとの情報もあり、2度の結婚とも偽装結婚が疑われる」。

 ただし、卓が公安当局のターゲットになったのは、この偽装結婚が理由ではない。彼女の北朝鮮での経歴がいわくつきのものだったからだ。「北朝鮮から韓国に入った際、卓は韓国の国家情報院(諜報機関)の取り調べを受けている。その際、彼女が北朝鮮・国家安全保衛部の諜報員として活動していたことがわかった」(公安関係者)

 北朝鮮の国家安全保衛部とは、金正日が委員長を務める国防委員会直属の秘密警察組織である。国内の反体制派の摘発に加え、国外の中国東北部、香港、マカオなどでも秘密裡に活動し、脱北者の摘発などを行なっている。

 公安関係者が続ける。「卓は国家安全保衛部で“脱北者狩り”をしていたようだ。それが、なぜ国を出たのか。“偽装脱北”の可能性もあるため、われわれはマークしていた」

 確かに、卓の行動は他の脱北者とは異なっていた。彼女は日本入国後、韓国や中国へと頻繁に渡航を繰り返すようになった。その回数は、逮捕までに22回に達することが確認されている。

※週刊ポスト2010年11月19日号

本文を読む

マネーポスト不動産売却 NPSアプリで読めます NO! 海賊版・違法サイト
TOP