• TOP
  • 芸能
  • 『板東英二ジャパン』と対戦の超新星 野球の経験なかった

芸能

2011.03.06 16:00  女性セブン

『板東英二ジャパン』と対戦の超新星 野球の経験なかった

選手宣誓する超新星のユナクと立浪和義

 日韓のスターが野球で対戦する『日韓親善野球2011 ~OSAKAから世界の子供たちへ!』が2月27日、京セラドーム大阪で開催された。日本チームとして出場したのは板東英二監督の『板東ジャパン』。一方、韓国チームは人気アイドルグループ超新星も参加した『ZOMAZOMA』。超新星が登場すると、1万2000人の観客から歓声が上がっていた。

 超新星のユナクと『板東ジャパン』の元中日ドラゴンズ・立浪和義(41)の選手宣誓から始まり、メンバーがバッターボックスに。『ZOMAZOMA』というチーム名の韓国語の意味どおり、見てるこっちは“ハラハラ”してしまったが、みごと超新星のグァンスがヒットを放った。

 試合後のトークイベントでは「生まれて初めて野球をした」(超新星・ソンジェ)、「ぼくは下手なようでした」(超新星・ジヒョク)と会場を沸かせる一幕も。

撮影■WEST

※女性セブン2011年3月17日号

関連記事

トピックス