芸能

最新芸能記事のRSS

岡本夏生「結婚と(一人の)ゴミ屋敷なら迷わずゴミ屋敷とる」

2011.07.25 07:00

 岡本夏生(45)は“ハイレグの女王”として芸能界に登場し、バブルを謳歌しながらも、やがてメディアから“干され”、芸能界の表舞台から姿を消した。そして、昨年、再ブレイクを果たした。それまでの10年について彼女が語ってくれた。  * * *

 岡本夏生(45)は“ハイレグの女王”として芸能界に登場し、バブルを謳歌しながらも、やがてメディアから“干され”、芸能界の表舞台から姿を消した。そして、昨年、再ブレイクを果たした。それまでの10年について彼女が語ってくれた。

 * * *
「45年間生きてきて寂しいと思った日は一日もないの。私、片づけられない女なんだけど、ゴミ屋敷にひとりでいるのが最も好きっていうくらいだから。“結婚”と“ゴミ屋敷”だったら、迷わずゴミ屋敷をとるわよ」

 いま日本では、離婚件数が婚姻件数の3分の1に達し、2分に1組の夫婦が離婚している計算になる。たしかに、結婚とはそれほど固執すべきものではないのかもしれない。

「大騒ぎして結婚しても、“キャンセル・プリーズ”の連続じゃん。みんなが結婚してるから“じゃあ私も”というルールはまったくないんだと思う」

 岡本自身、結婚への憧れを抱いたことはないのだろうか。

「結婚願望は全然なくて、極端な話、いつでもできるやと思ってたけど、大間違い。いつでもできないのが結婚だって気づいたときにはもう遅かった。子供を産まなかったことへの後悔は若干ありますね。でも、結果的には子供は産まなくてよかったのよ。部屋がゴミ屋敷だから、子供が住めないじゃん(笑い)。足の踏み場がないんだから」

 結局は、自分に合った、自分なりの生き方をする。「自分の幸せは自分で決める」ということ。そのためには“流されないこと”が大切だと岡本は話す。

「もちろん生きていくために、まわりに合わせることも必要かもしれない。だけど、合わせようとするばかりに流されてしまった自分は、どこに漂着していいかわからない。それでみんなウロウロしてるわけよ。“私、このままでいいのかしら”とか“間違った選択をしちゃったんじゃないかしら”とか」

※女性セブン2011年8月4日号

本文を読む

マネーポスト不動産売却 NPSアプリで読めます NO! 海賊版・違法サイト
TOP