• TOP
  • 芸能
  • 離婚裁判の証拠 高嶋政伸のDV音声テープに「ブス!オラ!」

芸能

2011.09.27 07:00  女性セブン

離婚裁判の証拠 高嶋政伸のDV音声テープに「ブス!オラ!」

 高嶋政伸(44)と妻の美元(32)の離婚裁判は、9月13日に第4回公判を終えた。しかし、双方意見は食い違うばかりで、解決の糸口はいまだ少しも見えていない。

 この公判を前に、美元側が裁判所に証拠として提出したものがある。昨年の5月17日に起きたという、政伸のDV現場が記録された音声データだ。

 そのDVシーンに至るまでの経緯について、政伸側は法廷で以下のように主張したという。

 その日政伸は、離婚を前提に寝室を別にする話を美元としたあと、夜になって演技指導者らと飲みに出かけたところ、美元から電話がはいる。夜12時過ぎに帰宅すると、翌日の仕事のために、政伸は睡眠導入剤と安定剤を服用した。このとき彼は、すでにビールと赤ワインをそれぞれ1~2杯飲んでいた。

 そんな状態の政伸に美元は、結婚してからまともに生活費をもらえず、ひもじい思いをしてきたことなど文句をいい始めたという。

 実際の音声データには「生活費月々50万円といって、本当は70万、本当は100万欲しいんだろ?」と乱暴にいう政伸に、美元が「生活費として要求しているだけであって、お小遣いではない」などと反論する様子が残っている。美元は生活雑貨店で購入したスリッパひとつまで、全部、自分の貯金を切り崩して支払ってきたと不満をぶつけた。

 やがて、政伸の美元に対する暴言が一気にエスカレートする。

政伸:おい待てよ! ブス! オラ!(ダン!という衝撃音)
美元:痛い! 女に手あげる男がいる?
政伸:おめえが最初に手あげたんだろうがコラ!
美元:痛い! 痛い!
政伸:ふざけんな、コノヤロウ。おれは明後日、芝居やんなきゃいけねーんだよ、オラ!(ガン!)
美元:痛い! 顔叩くことないでしょ!
政伸:ふざけんな、おめえが最初に叩いたんだろうが。(おれは)俳優なんだぞコノヤロウ…あー痛ぇ。腫れたらどうすんだ、コノヤロウ!

 音声データには、この間、殴ったり蹴ったりしているかのような音や、ドンといった何かが壁に当たる音、はぁはぁという政伸の荒い息遣いが録音されている。

 約5分ほどに及ぶこの“暴行”について、政伸は、

「美元の暴行により、“目がつぶれた”と感じ、このままでは殺されると思い、美元の腕をつかんで引っ張ったりした」と主張している。

※女性セブン2011年9月29日・10月6日号

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス