芸能

最新芸能記事のRSS

大ヒット『家政婦のミタ』感想 市原悦子は「ノーコメント」

2011.10.26 07:00

松嶋菜々子主演のドラマ『家政婦のミタ』(日本テレビ系)は、初回平均19.5%、第2回が18.7%と、高視聴率を叩き出した。 しかし、家政婦役が図らずも松嶋の年齢的限界をあらわにしたと見るのは、コラムニストの今井舞氏だ。 「地味なメークにつば

松嶋菜々子主演のドラマ『家政婦のミタ』(日本テレビ系)は、初回平均19.5%、第2回が18.7%と、高視聴率を叩き出した。

しかし、家政婦役が図らずも松嶋の年齢的限界をあらわにしたと見るのは、コラムニストの今井舞氏だ。

「地味なメークにつば広帽。役に合わせた暗めの照明の下、『ここまでシワ深かったっけ?』と目を疑う老けっぷり。演技派女優なら容貌の衰えも演技のうち、と解釈できますが、彼女の場合、役作りの結果ではない素顔が露呈してしまったようです」

家政婦役の“元祖”ともいえる市原悦子が家政婦役を始めたのが47歳のとき(1983年)。この難役に挑戦するには早すぎたということか。

ちなみに、“先輩”市原にドラマの感想を尋ねたが、「ノーコメントです」(事務所担当者)との回答。はたして、家政婦は見たのか、見ていないのか――。

※週刊ポスト2011年11月4日号

本文を読む

マネーポスト不動産売却 NPSアプリで読めます NO! 海賊版・違法サイト
TOP