• TOP
  • 国内
  • ヤクザ100人調査 87%が銀行口座を持ち44%がクレカを所持

国内

2013.12.22 07:00  週刊ポスト

ヤクザ100人調査 87%が銀行口座を持ち44%がクレカを所持

 みずほ銀行の不正融資問題で分かったのことは、私たちが暴力団の実態を何も知らないということだ。暴排条例によって締めつけが強まる中、彼らはどのように日常生活を送っているのか? 暴力団を長く取材する鈴木智彦氏が100人の現役ヤクザに質問をぶつけてみた。

 なお、調査は12月7日から14日まで行われ、1週間で100人を対象とした。調査はすべて電話か対面で質問し、北海道から沖縄まで意識的に広いエリアを設定。対象は山口組、住吉会、稲川会といった広域団体をはじめ、全国の指定暴力団に限定してある。

 * * *
【問1】「銀行・郵便貯金などの口座は持っていますか?」

【回答】「はい」87% 「いいえ」13%

 8割以上が持っているというのは、新鮮な驚きだった。メガバンクが暴力団との関係で袋だたきにあったのに、暴力団員の大半はいまだ銀行口座を持っている。

「昔は普通に作れた。そのときの口座をみんな持ってる。暴力団の身分を隠して口座を開設すると詐欺やが、それも7年経てば時効で、表沙汰になっても詐欺事件にはならん。みずほ銀行? あれは警察が天下りするためのアピールや」(47歳、関西)

 具体的な銀行名を聞いたところ、メガバンクから都市銀行、地方銀行、信用金庫と多種多様である。真偽は分からないが、金融機関とヤクザの関係は依然として続いている。ただし、現役暴力団員が改めて口座を作ることは不可能らしい。

「かなりいろいろ回ったが全部駄目だった。新しく口座を作れたのは、●●系だけだ」(37歳、東京)

 抜け道を教えることになるため、敢えて伏せ字とした。こうした口座は本人の名義である。関係省庁が本気になれば、分からないはずがないのだが……。

【問2】「クレジットカードは持っていますか?」

【回答】「はい」44% 「いいえ」56%

 これも結果を聞いて面食らった。銀行口座と同じくこちらも本人名義である。

「もう10年近く前、会社の役員として正式に取得した。支払いも滞りなくしてる。更新できなかったカードもあるが、●●(伏せ字)は甘い」(60歳、関東)

 対面で質問した際は実際のカードも見せてもらった。ゴールドカードには紛れもなく暴力団員の本名が印字されていた。ただし、東京近郊は審査が厳しいという。地方によって温度差がある。

※週刊ポスト2014年1月1・10日号

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス