スポーツ

野球選手の「好きなタイプ」 女性人気高いほど具体名挙げず

 オープン戦も始まり、今年のプロ野球もいよいよ盛り上がりを見せてきた。そうしたなかで、ファンにとって、観戦に欠かせないアイテムといえば、『プロ野球選手名鑑』だ。

 選手のプライベートな一面まで垣間見える情報が載っており、ファンならずとも楽しめる。『週刊ベースボール増刊 プロ野球全選手カラー写真名鑑』(ベースボール・マガジン社)には、各選手の『好きなタイプ』が記載されている。

 芸能人の名前を挙げる選手が多いなか、斎藤佑樹(日本ハム)の「キャッチャーのような人」や、大谷翔平(同)の「明るくてさわやかな人」など、若干抽象的な回答を載せる選手もいる。2人はともに、ルーキー時から同じ回答だ。

 どうも、女性人気の高い選手は芸能人の名前を挙げない傾向があるようだ。過去の名鑑をさかのぼって検証してみよう。たとえば、2008年版の選手名鑑を見ると、浅尾拓也(中日)は「ぶりっこじゃない人」、西岡剛(ロッテ)「自分よりしっかりしている人」、川崎宗則(ソフトバンク)「几帳面で家庭的な人」、中島裕之(西武)「やさしい人」と記載されている。プロ野球選手名鑑の研究を続けるライターはこう話す。

「この傾向は、有名人と付き合っている選手、公になっていないだけで実は付き合っている選手にも、共通です。もちろん、本当に有名人と付き合っていたどうかかは本人たちしかわかりませんが、モテる選手や噂になった選手は無難な答えに終始する傾向があります。いろいろと気を遣っているのでしょう」

 今年の名鑑に戻ってみると、2年目を迎える藤浪晋太郎(阪神)は「一緒にいて落ち着く人」、鯉のプリンスと呼ばれる堂林翔太(広島)は「自分のことを理解してくれる人」と無難な答えに終始している。だが、前出・ライターはちょっと納得がいかないようだ。

「抽象的な答えも良いのですが、やはり具体的な名前が挙がったほうがファンも話題にしやすいし、話も盛り上がる。ぜひ、芸能人を挙げて欲しいものです。

 たとえば、女性人気の高い巨人の坂本勇人は、2008年の名鑑には『安田美沙子』、翌年から昨年までは5年連続で『佐々木希』と書いていました。ただ、今年は『礼儀正しい女性』とタレント名を挙げなくなった。単に佐々木希に飽きたのかもしれませんが、ぜひ新しい名前を見たかったですね」

関連記事

トピックス

羽生結弦(写真は2022年)
【ミニスカ、恋愛歴も】羽生結弦にとって想定外?「元妻Aさんの過去情報」も離婚理由になったか 
NEWSポストセブン
三浦百恵さんの作品が専門誌表紙に 名実ともに日本のトップキルト作家となり教室では「三浦様」と“神格化”
三浦百恵さんの作品が専門誌表紙に 名実ともに日本のトップキルト作家となり教室では「三浦様」と“神格化”
女性セブン
検査入院したという神田正輝
《旅サラダの当面休養を発表》神田正輝、病院嫌いになった生命力への絶対的自信「谷底に落下」「血まみれから回復」
NEWSポストセブン
生配信イベントに登場した錦戸(左)と赤西(右)
赤西仁&錦戸亮に“無礼”な質問、山下智久はエキストラ扱い…中国SNSコラボでの「日本ではありえない」大誤算
女性セブン
発酵食品のYouTube企画も行う
『ブギウギ』撮影秘話 母親ツヤ役・水川あさみ、別れのシーンで号泣する趣里を前に涙こらえられず“台本無視”
女性セブン
GACKT
《『翔んで埼玉』GACKTの高校時代》常連「餃子の王将」前で卒アル撮影、滋賀県人として過ごした知られざる姿「学ラン」「チャリ通」「いつも斜め45度」
NEWSポストセブン
実は結婚していたNHK吉岡真央アナ
【遠距離で結婚生活】NHK『ニュースウオッチ9』吉岡真央アナが「極秘結婚」していた お相手は高知放送局時代の「穏やかな先輩局員」
週刊ポスト
母親について語る柴田理恵(撮影/黒石あみ)
柴田理恵「裸足のまま放り出されたり、鳥小屋に閉じ込められたりしました(笑い)」それでも母親の介護を続ける理由
NEWSポストセブン
木本慎之介さんが語る
【独占インタビュー】西城秀樹さん長男・木本慎之介さんが明かした“勝負服”「大事な場所に行くときは父の服を着ると決めています」
女性セブン
ハラスメント行為が報じられた安楽(時事通信フォト)
《楽天・安楽パワハラ騒動》遠征先で「女を呼べ!」 複数の現役選手らが決意の告白「あの人と野球をするのは限界だった」深夜の飲食店で後輩に大声で説教も
NEWSポストセブン
羽生結弦
羽生結弦、離婚の真相 元妻にとって「想像とは異なる新婚生活」“アスリート妻”としての役割与えられなかったか
女性セブン
りんご園の責任者が取材に応じた
《茨城リンゴO157集団食中毒》農園の責任者らが語った本音「業務用カッターは夜通し消毒」「今年は出来が悪い」「1000人以上の来客があった」
NEWSポストセブン