• TOP
  • 芸能
  • 観月ありさ 上原さくら元夫との交際を反対されつつも続行中

芸能

2014.07.03 07:00  女性セブン

観月ありさ 上原さくら元夫との交際を反対されつつも続行中

 6月下旬のとある夜、主演舞台『オーシャンズ11』(7月6日まで)を終えた観月ありさ(37才)が向かったのは、都内にある韓国料理店。店内で待っていたのは、建材会社『KRH株式会社』の代表取締役社長・青山光司氏(41才)だった。

「観月さんと青山さんは、お友達と一緒に食事をしていました。“これおいしい!”なんて言いながら、お店自慢のサムギョプサルをみんなでつついていましたね」(居合わせた客)

 青山氏の年商は約100億円。高級外車を十数台所有していることから“フェラーリ王子”とも呼ばれる彼と観月の熱愛が報じられたのがこの4月のこと。都内の高級住宅街に推定10億円の新居を購入し、ゴールイン間近との話だったが、報道直後、観月の飲み仲間であるはるな愛(41才)が「(観月に)メールで聞いたら、(結婚は)“ない”って言ってた」と否定。さらに女性セブン5月8・15日号では、都内の老舗焼き肉店で観月本人が友人らに「結婚はない」と断言し、青山氏への不満をぶちまけているシーンをお伝えした。

「観月さんはK-POPや韓流ドラマが大好きなんですが、青山さんは嫌韓。観月さんの中では“なんで?”って感じだったんですよ。それに彼女の周りは青山さんとの交際を反対してましたから」(芸能関係者)

 青山氏はすでにバツ2。しかも前妻の上原さくら(37才)とは泥沼の離婚劇を繰り広げたことでも知られている。

「上原さんの自殺未遂は、青山さんから数々の暴言などを浴びせられていたからだったと報じられました。すると青山さんが週刊誌上で真っ向から反論。その後、上原さんが青山さんへの殺意を語る肉声まで流出しました。観月さんの周囲にしてみれば、そんなトラブルのあった男性との結婚は納得できなかったんでしょう」(前出・芸能関係者)

 しかし冒頭のデートシーンでおわかりのように、観月と青山氏は「やっぱりね!」のラブラブっぷり。3時間ほどで夕食を終えると、東京のど真ん中に建つ超高級タワーマンションへと一緒に帰って行った。

「青山さんは観月さんのために嫌韓を返上しただけでなく、今すべての時間が観月さん中心に回っているほどなんだそうですよ」(ふたりの知人)

 実はこの2週間ほど前、観月は友人と都内のバーを訪れ、こんな話をしていたという。

「青山さんとの関係について、すごく深刻そうに話していたんです。でも最後には、“反対されてるけど、もう離れられない”と言っていました」(居合わせた客)

 その言葉通り、確かに最近の観月は舞台を終えるや青山氏と合流し、夕食やドライブデートを楽しんでいるという。

※女性セブン2014年7月17日号

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス