• TOP
  • 国内
  • 皇室関係者 秋篠宮家と皇太子一家の見られ方の差を懸念する

国内

2014.08.29 07:00  週刊ポスト

皇室関係者 秋篠宮家と皇太子一家の見られ方の差を懸念する

 終戦記念日翌日の8月16日、京王プラザホテルで催された対馬丸事件の犠牲者を追悼するための「学童疎開船を語り継ぐつどい2014」に、秋篠宮一家の姿があった。眞子内親王、佳子内親王、そして悠仁親王を伴う一家揃っての式典出席は各メディアで大きく報じられた。

 対馬丸事件とは、学童疎開船・対馬丸が1944年8月22日、沖縄から九州に疎開する学童らを乗せて航行中、米潜水艦の魚雷を受けて沈没、約1500人が死亡した出来事で、今年は70年の節目にあたる。秋篠宮家の対馬丸慰霊のつどいへの出席について皇室ジャーナリストの松崎敏弥氏はこう話す。

「陛下のお気持ちを時代を超えて継承していくという秋篠宮さまのメッセージが込められています。眞子さま、佳子さまだけでなく、まだ小さい悠仁さまをお連れしたのは、陛下が少年時代に対馬丸事件に心を痛めたのと同じ体験を悠仁さまにさせることで、“陛下の平和への思いを、私もまた子供へと受け継いでいきます”というお気持ちを示されたのでしょう」

 しかし、この秋篠宮の式典出席が、皇太子一家の静養中というタイミングと重なったことが宮内庁関係者の間で「秋篠宮家のご活動ばかりが目立ってしまうのではないか」と懸念されたという。皇室ジャーナリストの神田秀一氏はこう語る。

「秋篠宮さまは純粋に陛下を手助けしたいというお気持ちだと思います。ご高齢である陛下を支え、助けていくのは当然のこと。皇位継承者を見れば、皇太子さま、秋篠宮さま、悠仁さま、常陸宮さま、三笠宮さまの5人しかいない。常陸宮さまと三笠宮さまはご高齢で、皇太子さまは6月にポリープ手術を受けて経過観察中です。成年皇族4人のうち一番元気なのが自分だと受け止めておられると思います」

 同じ8月16日、皇太子一家は静養先の須崎御用邸で過ごしていた。

「ご静養中の1週間、愛子さまは毎日のように、朝から晩まで海水浴を楽しまれたようです。雅子さまも伊勢神宮参拝を終えられホッとされたのでしょう、晴れやかな笑顔でいらっしゃいました」(皇室担当記者)

関連記事

トピックス