芸能

大江アナ結婚もWBS視聴率変わらず 女子アナと視聴率の因果

『好きな女子アナランキング』で1位に輝いたこともあるテレビ東京の大江麻理子アナが、9月17日にマネックス証券の松本大社長と結婚。ファンからは落胆の声が上がったが、メインキャスターを務める『ワールドビジネスサテライト』(以下、WBS)の視聴率にはどんな影響があるのだろうか。テレビ東京関係者が話す。

「不思議なのか、当然なのか、結婚前後でWBSの数字は変わらないですね。たとえば、結婚発表前日の9月15日は3.3%で、発表当日の16日は3.9%、翌17日は3.8%とほとんど同じです。その後も、3~4%台です。視聴者はWBSという番組に興味を持っているのであって、大江さん目的で見ている人はあまりいないと思われます」

 そもそも一般的に、女子アナと視聴率の相関はどうなっているのか。テレビ局関係者が語る。

「局の顔である帯番組やゴールデン帯の番組には、人気女子アナが起用されます。そのため、数字を持っている、持っていないという話が出るのだと思います。もちろん、まったく視聴率に関係ないとは言えませんが、いわゆる潜在視聴率を数パーセントも持っている女子アナはいないでしょうね。

 たとえば、フジテレビで『笑っていいとも!』の代わりに始まった、亀山千広社長肝いりの『バイキング』には、フジのエース・加藤綾子アナが火曜日と木曜日に起用されていましたが、視聴率は低迷。これは、決してカトパンのせいではないです。逆に言えばカトパンを起用すれば数字が上がるという傾向もないと言えるでしょう。10月からは新人の永島優美アナに代わりましたね。

 フジの『めざましテレビ』の裏番組であるTBS『あさチャン!』は、人気の高い『マツコ&有吉の怒り新党』(テレビ朝日系)、『真相報道バンキシャ』(日本テレビ系)などの実績から“視聴率を持っている”と言われた夏目三久を起用。しかし、視聴率は苦戦しています。

 以前、フジで中野美奈子アナが『めざましテレビ』から『とくダネ!』に移ったとき、『とくダネ!』の数字が上がらず、“ナカミーは視聴率取れない”などと言われました。それだけ期待されていた証拠でもありますけど、中野アナの責任ではない。当たり前のことですが、視聴率は番組の内容いかんで決まります。彼女たちほどの大物でも、こんな状態ですから、“視聴率を持っている”と判断できる単体の女子アナは、皆無とすら言えそうな状況です」

関連記事

トピックス

結婚相手について語った大谷翔平
《大谷翔平が電撃婚》新妻を待ち受ける「奥様会」と「過激ファン」の洗礼 田口壮夫人は「生卵をぶつけられた人もいた」
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《大谷翔平結婚》お相手“有力候補”のアスリート女性は「昨年引退済み」「インスタ全消し」渡米情報も
NEWSポストセブン
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン
2010年、慶応義塾大学を卒業した水卜麻美
【女性アナ大学時代の晴れ姿・2010~2016】水卜麻美の世代には「視聴者の関心がアナウンサーとしての実力や親しみやすさに向き始めた」
週刊ポスト
政倫審もあれる中、岸田首相は大谷頼みで…
「大谷翔平結婚」で政倫審ウヤムヤにできた岸田首相、次はドジャース開幕戦のサプライズ観戦計画 “大谷頼み”が酷すぎる
NEWSポストセブン
結婚について語った大谷翔平(時事通信フォト)
《「いたって普通の人」》大谷翔平、お相手のパーソナリティーを一切明かさない“完璧な結婚報告会見”で見せつけた「格の違い」
NEWSポストセブン
「チョメチョメ」や昭和のスターや歌謡曲のオマージュなど小ネタが
いっぱいのドラマ『不適切にもほどがある!』に大ハマり中です!(番組のインスタグラムより)
【『不適切にもほどがある!』の魅力】昭和スターや歌謡曲オマージュも満載!“脚本のすべてを聞き逃したくない”から何度も見てしまう
女性セブン
大谷翔平
大谷翔平が明かした結婚相手「普通の日本人」は7月にお披露目か 大物同僚妻との奥様会への参加はどうなる
NEWSポストセブン
20年以上培った弁護士としての専門分野は離婚や親権問題
《不倫報道》エッフェル広瀬めぐみ議員が密会場所に選んだ「ご休憩8600円〜」歌舞伎町ホテルと「ジャンクなディナー」のこだわり
NEWSポストセブン
大谷翔平(時事通信フォト)
《大谷翔平が電撃婚》「アナウンサーじゃなくて良かった」とファン安堵 大谷を守った“女性アナ隔離政策”
NEWSポストセブン
谷原章介(左)と、コンテストに挑戦する息子の七音さん(右)
《本人に直撃》谷原章介が語った20歳長男「ジュノンボーイ挑戦」へのエール 七音さんもインスタで決意投稿「僕は僕なので」
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《大谷翔平が電撃婚》徹底した秘密主義で「このタイミング」だった理由「左手薬指へのキス」にファン違和感
NEWSポストセブン