• TOP
  • ライフ
  • 深まる秋を愛でながら女将と一杯できる福岡・公園前の角打ち

ライフ

2014.10.28 16:00  NEWSポストセブン

深まる秋を愛でながら女将と一杯できる福岡・公園前の角打ち

ビールケースを積み重ねて作る即席テーブルで乾杯

 午後5時少し前の『信国(のぶくに)酒店』。新しすぎず、ほどよい雑然さでほっとした気分にさせてくれるカウンターでは、常連客3人がすでに角打ちを始めていた。

 そこへサラリーマンの二人連れが元気にやってきて、女将の信国美佐子さん(69歳)と、顔なじみの彼らに笑顔であいさつを交わしながら、「今日はこっちにしよか」と、店中央のぽっかり空いたスペースに目を向ける。

 そして、おもむろに奥からビールケースを引っ張り出してきて、そこに積み重ね始めた。

「3つ重ねて、板をその上に載せて…、これで角打ちテーブルの出来上がり。この店はそこから始まるんですよ。子どもの頃の積木遊びみたいで楽しいよって、お客さんが勝手に作っています」と笑う美佐子さん。

 つるべ落としの陽が夕焼け空から消える頃には、自前の角打ちテーブルがいくつかでき、いつものメンバーがいつものように飲んでいる風景が目の前にあった。

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス