芸能

栗山千明 蜷川幸雄さんに「舞台の楽しさ教えてもらえた」と感謝

6年ぶりに映画主演する栗山千明。自らの転機を語った

 6年ぶりの主演映画『種まく旅人 くにうみの郷』で、アメリカ帰りの農水省のエリート官僚を演じた女優・栗山千明(30才)。モデルを経て女優として活動を始めてから、これまで『キル・ビルVol.1』といったハリウッド作品から、日本でも多くの映画、ドラマ、舞台で活躍している。彼女が、女優として飛躍するきっかけとは――。シリーズ企画「転機」の今回は、第一線で輝き続ける実力派女優・栗山千明に話を聞いた。

――女優として栗山さん自身、さまざまな転機があったと思いますが…。

栗山:毎回一つひとつ得るものがあるので、なにか一つというと難しいんですが…。パッと思いつくのが『ハゲタカ』というNHKの連続ドラマです。それまで10代では妖怪とか幽霊とか殺し屋とか、要はリアリティーのない役をずっとやってきました(笑い)。

 それはそれで楽しかったのですが、『ハゲタカ』で初めてリアリティーのある役、経済ジャーナリストでしたが、地に足のついた女性を演じることになったんです。

――毎日胃が痛くなるほど現場に行くのがつらかったそうですね。

栗山:役柄だけでなく、経済ものでしたので内容を理解すること自体がすごく難しかったんです。作品も重くまじめな話ですし、大先輩たちと一緒でしたので日々緊張しっぱなし。自分の気持ちを出しながら表現していましたが、芝居のアプローチがそれまでとはまったく違いました。それと、このドラマによってみなさんが抱く私のイメージも変わったのかなと思います。社会派のドラマに出たことで私の存在を知ってくださった人が増えました。個性的な役だけではなく、こういう役もやるんだ、と思った人が多かったと思います。

 もう一つ、転機として挙げていいのであれば、初めての舞台がそうです。蜷川幸雄さん演出の『道元の冒険』。ドラマと映画も違いはありますが、カメラを回されていることが同じだと思えば、大きく差はありません。でも、舞台は違う。カメラを向けられて映っているところだけが芝居ではない空間です。そこに置かれたときはすごく怖い。舞台をやる前まで、「舞台なんて恐ろしい。とんでもない」と思っていたんです。ところが、実際に飛び込んでみたら、舞台の作り方を知るきっかけにもなりましたし、自分の思いを届けたいという気持ちになれたんです。

――思いをお客さんに届ける、ですか?

関連記事

トピックス

三浦瑠麗氏の夫のトラブルは他にも(写真/共同通信社)
三浦瑠麗氏、詐欺容疑で家宅捜索された夫の会社にもう1つのトラブル 太陽光発電所建設に地元住民困惑
週刊ポスト
最近は韓流アイドルにハマっているという
君島十和子の長女・蘭世惠翔が宝塚退団 男役から娘役に転向“わずか数cm”の身長差が影響か
女性セブン
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
女性セブン
貴景勝
大関・貴景勝の横綱昇進にどうも乗り気じゃない相撲協会の思惑 「貴乃花の亡霊」の呪縛も
NEWSポストセブン
父・松重豊に似て高身長
還暦を迎えた松重豊 長男がTBSラジオで“大出世”、初孫誕生の吉報も
女性セブン
三浦瑠麗(時事通信フォト)
三浦瑠麗氏、『めざまし8』に続き『朝生』にも出演せず 夫の会社トラブルで他局も追随か
NEWSポストセブン
,松本潤
Snow Manラウールのパリ・ランウェイ&インスタへの胸騒ぎ 第一の目的は「グループのレベルアップ」か
女性セブン
夫の清志氏(右)と仲睦まじく自宅近所の公園を散歩
三浦瑠麗氏、夫の投資トラブルで家宅捜索 豪華私生活は超高級タワマンと軽井沢の「二拠点」
女性セブン
大塩さんの自宅から離れたところに規制線が
「『ルフィ』強盗団が恐い」狛江市強盗殺人事件の近隣住民からあがる悲痛の声
NEWSポストセブン
圧巻のパフォーマンスは衰えない(写真はインスタより)
玉置浩二、紅白での安全地帯の映像使用をめぐって激怒「紅白にもNHKにも二度と出ない!」
女性セブン
子煩悩だった千葉さん。幼いころの真剣佑(右)と郷敦(左)
【秘蔵写真公開】新田真剣佑&眞栄田郷敦が同時結婚、千葉真一さんは2人のお相手の人柄を絶賛していた
女性セブン
佐々木容疑者が68歳男性と住んでいたマンション
68歳彼氏を刺した24歳女子大生 彼氏は警察に4回も相談、同棲アパートでは「女性の悲鳴」
NEWSポストセブン