スポーツ

田口壮氏 日ハム・大谷&中田、広島・菊池のMLB挑戦に期待

MLB時代を振り返る田口壮氏

 野茂英雄氏がメジャーリーガーとしてL.A.ドジャースで活躍してから20年。今や日本人メジャーリーガーは通算50人を超える。

 その中でも、華やかなイチローや松井秀喜氏らと違い、玄人好みで「いぶし銀」の印象があるのが田口壮氏だ。しかし、ワールドチャンピオンリングを2つも持つ日本人は井口資仁選手(現千葉ロッテマリーンズ)と彼しかいない。

 オリックス・ブルーウェーブ(当時)で活躍した田口氏は2002年、FA権を行使してセントルイス・カージナルスと契約するもマイナーリーグで開幕を迎えた。

「10時間近いバス移動や夜間・早朝に一般客に交じってエコノミークラスで飛行機を乗り継ぐのはザラ。食事はファストフードのうえ通訳もいなかったので、サブウェイやマクドナルドで注文するのも一苦労でした」

 そんな逆境にもめげず、パワーが段違いのMLBで「チームのために何ができるか」をひたすら追求した。その結果、3年目からメジャーに定着。2006年にはデトロイト・タイガースとのワールドシリーズに出場した。

 田口氏が「人生で一番緊張した」と語るのは、2勝1敗で迎えたホームの第4戦、1点ビハインドの7回裏・無死二塁という絶好機だ。名将トニー・ラルーサはここで「バッター・タグチ」とコールした。

「体の大きい左打者に代わって僕が打席に入り、球場全体が『送りバントだ』とわかっていた。プレッシャーに手が震えましたが、誰よりも準備していたので普段通りやれば成功すると信じていました。ボールが指に当たって骨折しても知らん顔で一塁に走るつもりでした」

 スタジアムが極度の緊張感に包まれるなか、見事にバント成功。さらにこのプレーが野手のエラーを誘い、逆転勝利を呼び込んだ。自らの役割をきっちり果たした田口氏の手は塁上で震えていたという。

 波に乗ったチームは第5戦も勝利。ライトから歓喜の瞬間を見届けた田口氏は、ワールドチャンピオンだけに贈られるチャンピオンリングを手に入れた。

関連記事

トピックス

初入閣したものの、Twitterでの反応が自民党内でも物議を醸している(時事通信フォト)
高市早苗氏の“入閣に不満”投稿は政調会長ポストを奪った萩生田光一氏の「統一教会問題」を痛烈意識か
NEWSポストセブン
小島瑠璃子の美ボディが話題になっている
小島瑠璃子の中国進出は成功するか バラエティースキルを活かせるかは未知数、反日感情の影響も
NEWSポストセブン
14日聖望学園戦9回表、内角の球をライトスタンドに運ぶ大阪桐蔭3年・松尾汐恩(時事通信フォト)
大阪桐蔭の「扇の要」松尾汐恩を開花させたショートからキャッチャーへの転向秘話
NEWSポストセブン
元NHK・内藤裕子アナが入局当時のエピソードを語る
【全6局「人気女子アナ」同窓会#2】民放が参考にしていたNHKのアクセント
週刊ポスト
勤務するオフィスに向かう小室圭さん
小室圭さん、すでに「年収1600万円超え」報道の背景 転職サイト給与情報の“罠”
NEWSポストセブン
左から元NHK・内藤裕子、元日本テレビ・馬場典子、元テレビ朝日・石井希和、元TBS・竹内香苗、元テレビ東京・亀井京子、元フジテレビ・中村仁美
【全6局「人気女子アナ」同窓会#1】給料、社食…新人時代はクレーム対応も
週刊ポスト
約1万5000人の犠牲者を出した、1945年6月7日の大阪空襲。消火活動を行なう町の人々(カラー化/渡邉英徳)
AI技術と人の記憶によるカラー化でよみがえる「戦時下ニッポンの市民たち」
週刊ポスト
実質的には再放送にもかかわらず、高い視聴率を記録した(NHK公式サイトより)
中森明菜『伝説のコンサート』が驚異の視聴率4.6% 紅白出場への期待も高まる
NEWSポストセブン
バイタリティーあふれる山田くん
『笑点』座布団運びの山田くん、知名度活かして介護業に参入「高齢者施設」を来年開業
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン