国際情報

50代以上中国人 好きな日本人女優は1位山口百恵2位田中裕子

 中国で最も人気のある日本人女優は誰なのか。今回、本誌は中国情報サイト「レコードチャイナ」の協力で北京や上海など4都市で、50代以上の男性30人に街頭アンケートを行なった。

 ベスト5には回答者と同世代のベテラン女優ばかりが並ぶ。いずれも、出演映画やドラマが中国でヒットした経緯がある。

 1位の山口百恵(56)が中国で知られるようになったのは、1980年代初めに中国全土で放送されたドラマ「赤いシリーズ」がきっかけ。当時の中国は文化大革命が終わり、改革開放が始まったばかりの頃で、白黒テレビさえ普及していなかったという。60代男性が当時を振り返る。

「放送時間になると、近所の家まで出かけて赤いシリーズを見ていた。その時の山口百恵の印象が忘れられない」

 本人が歌うドラマ主題歌は中国でも日本語のまま広く歌われ、主演映画「絶唱」や「霧の旗」などの映画も次々に上映された。

 2位の田中裕子(60)は、1980年代に世界中でブームとなったNHKの朝ドラ「おしん」の主演女優。日本での放送は1983~84年だが、中国では翌1985年から吹き替え版が放送された。NHKによると、北京での視聴率は75.9%を記録したという。

「おしんを見て、日本民族の勤勉さを理解した」(70代・元教師)
「振り返れば、おしんの放送当時が中日友好回復40年のピークだった」(70代・元公務員)

 映画「君よ憤怒の河を渉れ」で高倉健と共演した中野良子(64)は4位にランクイン。

「文化大革命が終わって初めて見た映画に彼女が出演していた」(70代・元公務員)
「恋愛とはこんな形(高倉健と中野良子のカップル)が理想だった。好きになったら『好き』と言葉にするのは、中国ではありえないことだった」(60代・元教師)

※SAPIO2015年6月号

トピックス

公務に邁進されている(6月、東京・港区)
佳子さま「公務に積極的」になられた背景に「皇籍離脱」「結婚」か
女性セブン
今は「芸人部署」に所属している久代萌美アナ
久代萌美、亀井京子アナも 女子アナ獲得の吉本、テレ東のエースアナにも注目
NEWSポストセブン
亜希
亜希 陰から見守る元夫・清原和博と息子達との「父子鷹」
NEWSポストセブン
小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
披露宴での志摩ノ海と元関脇・逆鉾の長女・清香さん(時事通信フォト)
故・逆鉾の長女が結婚で後継者確定も名門・井筒部屋再興への“高いハードル”
週刊ポスト
クルマ、ギター、アート、スケートボードにもこだわる
長瀬智也、英国のバイク誌に登場 悠々自適な暮らしに「所ジョージ化している」の声
女性セブン
最新「地下天気図」
地震活動を予測する最新「地下天気図」 京都、紀伊水道に新たな異常発生か
週刊ポスト
京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
選挙活動中に有権者に抱き付かれる女性候補者の様子を再現した動画[内閣府提供](時事通信フォト)
選挙活動で顕在化する「票ハラスメント」 政党や後援会の意向も要因に
NEWSポストセブン
不祥事を理由に落選したはずなのに、比例で復活されては…(左は塚田一郎氏、右は中川郁子氏/写真=共同通信社)
「不倫路チュー」「USBは穴に…」失言・不祥事で落選しても比例復活するゾンビ議員たち
週刊ポスト