芸能

松本人志「何かできることあるかな」と中居正広の父の病床に

「四十九日も終わったので、自分の中でもだいぶ消化してますしということで」──5月17日の『ワイドナショー』(フジテレビ系)に出演したSMAPの中居正広(42才)は、父の正志さん(享年79)を2年間のがん闘病の末、2月に亡くしていたことを、自身のラジオ番組で明かした胸中をそう話した。

 そして父が亡くなる2週間前、同番組共演者のダウンタウン・松本人志(51才)が病床を見舞ってくれたことも明かした。

「中居さんと松本さんはドラマ『伝説の教師』(2000年)で共演して以来の仲。それは松本さんにとって本格的な初のドラマ出演となった作品だったんですが、当時中居さんは夜遅くまで松本さんと台本読みをしていたんです。アイドルを小馬鹿にしていた松本さんは、真面目で、でも芸人寄りの発想も持っている中居さんにすっかり惚れ込んだようでした。その後松本さんに芸能界の友達は誰かって聞くと、“う~ん”って考えて“やっぱり中居くんかな”っていうほどの関係にまでなりましたからね」(芸能関係者)

 正志さんが闘病中の昨年8月、松本も父・譲一さん(享年81)を亡くしている。そんな松本に中居が正志さんのことを報告したのは年始の食事会でのことだったという。

「松本さんは(父と)面識はなかったんですけども、酔った席だからかはわからないですけど、“もしあれだったら何かできることあるかな?”“もしあれだったら会いたいけど、どうかな?”って。お父さん喜んでくれるんだったら、ちょっと行ったろかみたいな」(中居)

 そう申し出た松本は、中居との約束通り、とある月曜日、病院へ向かった。

「そのとき正志さんはもうしゃべれませんし、体重も40kg台になっていてかなりゲッソリした状態だったので、中居さんは松本さんにひとりで来て背負わせてしまうのは申し訳ないと思って、父親と面識があって、ちょうどお見舞いにくることになっていたタモリさんと笑福亭鶴瓶さんと一緒に来てもらったそうです」(前出・芸能関係者)

 松本の顔を見た正志さんが、「浜ちゃんは?」と筆談したことで、病室は笑いに包まれた。また松本がお土産に持ってきた『日活ロマンポルノ』の歴史本で盛り上がるなど1時間ほどの穏やかな時間はあっという間に過ぎていった。

 そしてスケジュールの都合でタモリが帰ることになり、鶴瓶も「帰る」となったので、中居は松本にも「ひとりでいるとしんどいんで帰ってください」とお願いした。しかし松本は拒否したという。

「いやアカン。これだけワーワーやっててみんなで帰ったら、お父さんが寂しすぎるから…」

 そう言って松本は、その後20分ほど正志さんの病床に残った。

「この人と、こういうおつきあいをしていて、ぼくの目に狂いはなかった」

 番組中、中居は、そんなふうに松本への感謝の気持ちを惜しみなく伝えたのだが、松本は終始居心地の悪そうな笑顔を浮かべていた。

※女性セブン2015年6月4日号

関連記事

トピックス