ビジネス

最新ビジネス記事のRSS

無一文生活告白の中国嫁日記作者「来夏には負債完済予定です」

2015.06.20 16:00

 人気ブログ『中国嫁日記』の単行本4巻が出版された1月末、作者の井上純一氏は会社の金銭トラブルに遭い

 人気ブログ『中国嫁日記』の単行本4巻が出版された1月末、作者の井上純一氏は会社の金銭トラブルに遭い80万部も売る漫画家なのに無一文になったと告白した。面白い漫画を描きたくてアル中になった過去を描いた『アル中ワンダーランド』が話題のまんしゅうきつこ氏と6月26日に"不幸に効く"トークライブを開催する井上氏に、現在の"不幸"の状況とまんしゅう氏にも通ずるエッセイ漫画での自分の描き方について聞いた。

 * * *
――2月掲載のインタビュー時には、経営されている会社のフィギュア部門スタッフが、多額の使途不明金と未払いを発生させて姿を消したというお話でした。なかでも滞納された税金が利息つけて1700万円ぐらいとのことでした。負債総額も調査中とのことでしたが、進展はあったのでしょうか?

井上純一(以下、井上):一括で払うのは難しいので、税務署と相談して2回に分けて払っています。1回目は『中国嫁日記』4巻の印税で払いました。2回目は、秋に出る5巻の印税で払い、今年のうちに税金の滞納はなくなる予定です。税務署は優しいですよ。払う意志があれば、こちらの生活が困窮しない程度の的確な支払計画を提案してくれます。税金を払わない人の気が知れないですよ。

 負債総額の最終的な計算はまだ続いています。民事訴訟を起こすにはいくつかクリアしなければならないことがあって、そのうちのひとつが被害額。中国の工場への支払い額を確定するための書類再発行に時間がかかっています。銀行振込なら通帳に記録が残りますが、会社に損害を与えた当時のフィギュア部門専従スタッフは、香港の銀行でおろして現金で支払っていたため、工場へ直接お願いしないとなりませんでした。

――会社へ損害を与えたのなら、刑事告訴も検討してよさそうなものですが?

井上:もちろん、最初は刑事告訴できないかと弁護士に相談しました。すると「数億円なら日本の警察も着手するだろうけど、数千万円程度では難しいですよ」と言われました。国境を越えた大がかりな捜査になるため敬遠されるだろうと。だから民事訴訟を検討することにしました。それでも、国をまたがると必要な証明書類をそろえるのが難しく、民事訴訟もできなくなる可能性があります。

 結局、この件は社長である自分が悪いんです。元スタッフの仕事をきちんと確認せず、言われるままに金を出していたんですから。それでも、すべてを明確にするために訴訟はしたいと思っています。

――2月のトークショーで、お金を返してほしいという人が現れたと話していましたね。

井上:その人は元スタッフに融資したお金を僕に返してもらうつもりできたのですが、会社の現状をお話しして相談した結果、版権を取得してまだ商品になっていないものの開発費の出資が決まりました。そのほうが、確実にお金が入ると判断したのでしょう。

本文を読む

マネーポスト不動産売却 NPSアプリで読めます NO! 海賊版・違法サイト
TOP