• TOP
  • 芸能
  • 芸人のYouTube進出 成功例少ないのは何がウケるかの分析不足

芸能

2015.08.09 07:00  NEWSポストセブン

芸人のYouTube進出 成功例少ないのは何がウケるかの分析不足

「いわゆる一発屋芸人と呼ばれる人たちはすでに知名度がある上、みんなが見下すことのできる存在で親近感が湧きやすい。たとえばヒロシさんなんかは、すでに公式チャンネルを持っていますが、本気で取り組めば固定客がもっと増えると思います。それからネットで話題になりやすい炎上芸人。普段とは別の一面を見せれば、”意外にイイやつだ”と見直す人も出てきます。ウーマンラッシュアワーの村本大輔さん、ドランクドラゴンの鈴木拓さん。キングコングはすでに公式チャンネルがありますが、西野亮廣さん単独のチャンネルがあったらまた別の客層が観に来るでしょうね。若手でこういったタイプの芸人がYouTubeから出てきたら面白いと思います」(ラリー遠田さん)

 今最も注目されている芸人、ピースの又吉直樹はどうだろうか。

「確実に固定客が付くので、成功する確率は高いと思います。時間的にできるかどうかは別として、毎日一冊ずつ本の紹介をするなどすれば、たくさんの人が観に来ます。このように専門知識がある人は強いですね。まだ売れていない芸人でも、ニーズのあることをやればチャンスはあると思います」(ラリー遠田さん)

 成功する確率が低いとはいえ、そこに道があることは確か。YouTubeが若手芸人の登竜門になる日がいつかやってくるかも?

関連記事

トピックス