• TOP
  • 芸能
  • 本田望結語る演技論 台本1冊丸覚え、台詞は言い方の理由考察

芸能

2015.09.18 07:00  NEWSポストセブン

本田望結語る演技論 台本1冊丸覚え、台詞は言い方の理由考察

11才とは思えない演技論

 ドラマ『家政婦のミタ』をはじめ、映画やCMなど幅広く活動する一方、フィギュアスケートの才能でも注目が集まる本田望結(11才)。9月19日公開の映画『ポプラの秋』で初主演を務めた彼女が、大女優・中村玉緒との共演や「演技論」について語ってくれた。

――『ポプラの秋』では、大好きだったお父さんを亡くし、抜け殻になった母親と生活するという難しい役でした。大森研一監督からはどんなことを言われましたか?

本田:「好きなようにしてください」と言われました。私が思っていた星野千秋ちゃんと大森監督さんが考えていた千秋ちゃんが一緒だったんです。監督さんは「望結ちゃんが台本をいっぱい読んでくれたから」とおっしゃってくださいました。いつも(役柄)は台本を何回も何回も読んでいるうちに浮かんでくるんですけど、今回はすぐにフワッと、「こんな感じがいいんじゃないかな」と浮かんできました。

――この映画では何回くらい読んだんですか?

本田:何度も何度も読みました。もう台本が破れちゃうくらい、ぐちゃぐちゃになるくらい読みました。

――いつ台本を読んでいるんですか?

本田:(関西の自宅から東京へ通う)新幹線の中とか、フィギュアスケート(練習)の休憩の時間に読んだりします。

――台詞は読んでいるうちに覚えちゃうんですか?

本田:そうです。だから読みながら勝手に泣いてたりとか、勝手ににめちゃくちゃ爆笑してたりとか、ニコニコしたり。そうなっていくうちに、早く撮影したいという気持ちが高まってくるし、この映画の台本だと飛騨高山(編集部注:今回の撮影地)に行きたいなーって思いました。

――台詞は声に出して練習はしないんですか?

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス