芸能

川島なお美さん 常に芸能マスコミに愛され続けた理由とは

 放送作家でコラムニストの山田美保子氏が独自の視点で最新芸能ニュースを深掘りする連載「芸能耳年増」。今回は、9月24日夜に亡くなった川島なお美さんを追悼。

 * * *
「息を引き取るまで川島なお美はやっぱり川島なお美のままでした」

 24日、胆管がんのため、都内の病院で亡くなった川島なお美さんの御主人でパティシエの鎧塚俊彦さんが自身のFacebookに寄せたコメントである。

 さすがは御主人。なお美さんのことをよくわかっていらっしゃるし、最期まで女優として生き抜いた川島なお美さんのことを「カッコイイ」と感じたのは私だけではないだろう。

 なお美さんと私とは、三枝成彰さんや林真理子さんがリーダーシップをとってくれている「エンジン01文化戦略会議」という文化人団体で、共に「動物愛護委員会」に所属。さまざま活動してきた。

 今年3月にも、富山県で行われたオープンカレッジに参加し、環境省に提出する動物愛護の法改正にまつわる署名活動を行った。

 昨年9月に御一緒した川崎市の動物愛護フェアへの参加が今年は叶わなかった川島なお美さんについて、動物愛護委員会委員長の湯川れい子さんと「さびしいわね」と言い合ったのは、ほんの数日前のことである。

 青山学院大学の後輩でもあるなお美さんとの想い出はさまざまあるが、今回はあえて“芸能マスコミと川島なお美”について記したいと思う。

 芸能リポーターやスポーツ紙、週刊誌の記者らから彼女がどんなふうに言われているかというと、「見出しになることを必ず言ってくれるサービス精神旺盛な人」で意見が一致すると思う。

 取材を受けたとき、自分が何を言えば視聴者や読者を喜ばせられるか瞬時に理解し、キャッチーでセンスに溢れるフレーズを放つ、唯一無二の存在だったなお美さん。

 なかでも、もっとも有名なのは「私の身体には赤ワインが流れている」(「私の身体はワインでできている」とも伝わっている)だ。

 実は彼女が初めてこう発言したのは、私が構成を担当していた深夜のインタビュー番組ではなかったかと思う。

 カリスマDJの坂上みきさんがテレビに再進出したばかりの日本テレビ系の帯番組『i-Z』(イーズィー・97年4月~99年3月)である。

 この時期と言えば、「ミスDJの川島なお美」「お笑いマンガ道場の川島なお美」から「女優・川島なお美」に、彼女が生きるステージを変えたときと重なる。『失楽園』や『くれなゐ』(共に読売テレビ制作・日本テレビ系)での体当たり演技が世に広まったのだ。

 彼女がなぜ、この作品に巡り会えたのかは、原作者の渡辺淳一先生への“直訴”が実ったからだと言われている。このエピソードでもわかるように、川島なお美さんという人は、芸能界でも一、二を争うほどセルフプロデュースに長けた女性なのである。

関連記事

トピックス