芸能

おさる元相方コアラ 「3年前に一般人と再婚」を隠してた訳

元芸人コアラの左手薬指には指輪が…

 1990年代、タモリ司会の『ボキャブラ天国』(フジテレビ系)で、お笑いコンビ・アニマル梯団としてブレイクしたコアラ(46才・本名・宮谷信也)。元女優で現参議院議員の三原じゅん子氏と結婚(その後、離婚)。現在は芸能プロダクション代表取締役のコアラの左手薬指には、指輪がキラリ…。本人に直撃した。

――指輪をしていますけど、再婚したんですか?

コアラ:あ、これですか? 気づきました?(笑い) 結婚したのは約3年前、2012年です。一般人の女性で、3才の息子もいます。でも実は、極力プライベートを話さないようにしてるんです。結婚のこともとくに言ってませんでした。タレント活動をやってない理由のひとつなんですけど、騒がれたり、みんなに迷惑をかけたくなかったので。

――離婚の経験から、そう思うように?

コアラ:一因ではあります。いい経験も悪い経験も、お笑いにできないんじゃだめですよね、芸人は。それさえもお笑いにできる人は、パワーあると思います。身を削らなくてもいいとは思うんですけど。嫌かもしれないけど、振られた内容には応えないと。ぼくはそこまではできなかったので。

――今でも付き合いのある芸人さんはいますか?

コアラ:ボキャブラの時のメンバーで言ったら、金谷ヒデユキさんとか、たまにファイスブックで“いいね!”を押しているのはデンジャラスの安田(和博)さんだったり。あと、おさる君ですね。

 最近、おさる君は書家の仕事で忙しいし、お酒も飲まなくなったので、あまり会うことはありません。昨年10月くらいに会ったのが最後です。書を書いて欲しいという知人がいたので、段取りもあって会ったんです。芸人さんに会うのは、それくらいかな。

――おさるさんの活動を、元相方としてはどのように見ていますか?

コアラ:彼は元々器用で字もうまかったので、よかったと思いますね。タレントとしてバラエティーの活動を続けるというよりは、今年48才になるし、年齢も考えたらポジション的に違う路線もありですよね。

――おさるさんは細木数子さんに言われてモンキッキーと改名したものの、謝罪して元の名前に戻したと言っていました。コアラさんも同じように、細木さんにハッピハッピー。と改名されて戻していますが、どういう心境でしたか?

関連記事

トピックス

死亡が確認されたシャニさん(SNSより)
《暴徒に唾を吐きかけられ…》ハマスに半裸で連行された22歳女性の母親が“残虐動画の拡散”を意義深く感じた「悲しい理由」
NEWSポストセブン
お騒がせアイドルとして人気を博した榎本加奈子
《略奪婚から20年》43歳の榎本加奈子「爆弾発言アイドル」から敏腕社長に転身「人気スープカレー店売却」で次に狙う“夫婦念願の夢”
NEWSポストセブン
被害者の渡邉華蓮さん
《関西外大の女子大生を刺殺》「自宅前で出待ちされて悩んでいた」殺害された女性宅周辺で目撃されていた「怪しい男」抵抗されながら刺し続けた交際相手の強い殺意
NEWSポストセブン
所属事務所は不倫を否定(時事通信フォト)
《星野源と新垣結衣が完全否定》「ネカフェ生活」NHK・林田理沙アナとの疑惑拡散の背景「事務所が異例の高速対応」をした理由
NEWSポストセブン
退所を発表した松本潤
【松本潤が独立】7月から野田秀樹氏が手がける舞台に出演、ロンドンでも上演 舞台初共演の長澤まさみの“凄み”に刺激を受ける
女性セブン
2018年8月に本誌の取材を受けた際も“ねじねじ”だった(撮影/小暮誠)
急逝・中尾彬さん 萬田久子、名取裕子、由美かおる、安達祐実らとの「美女対談」で際立っていた博覧強記
週刊ポスト
7月のイベントでファンの前に姿を見せる中森明菜(YouTubeより)
《7月のイベントで完全復帰へ》中森明菜、SNS時代にささやかれる不安要素 「陽」の聖子と比較して「陰」と評された歌姫は再びかがやくことができるのか
NEWSポストセブン
大谷のサプライズに驚く少年(ドジャース公式Xより)
大谷翔平、始球式サプライズに「なんてナイスガイなんだ」と全米絶賛 幻となった“真美子夫人の始球式”は7月以降に実現の可能性
女性セブン
9月の誕生日で成年を迎えられる(4月、東京・町田市。写真/JMPA)
【悠仁さまの大学進学】幼稚園と高校は“別枠”で合格、受験競争を勝ち抜いた経験はゼロ 紀子さまが切望する「東京大学」は推薦枠拡大を検討中
女性セブン
杉咲花と若葉竜也に熱愛が発覚
【初ロマンススクープ】杉咲花が若葉竜也と交際!自宅でお泊り 『アンメット』での共演を機に距離縮まる
女性セブン
5月に入り病状が急変し、帰らぬ人となった中尾彬さん
【中尾彬さん逝去】数か月体調優れず、5月に入って容体が急変 葬儀は近親者のみ、妻・池波志乃さんは憔悴しながらも参列者に感謝
女性セブン
亡くなったシャニさん
《7か月を経て…》ハマスに半裸で連行された22歳女性が無言の帰宅、公表された最期の姿「遺体の状態は良好」「肌もタトゥーもきれいに見える」
NEWSポストセブン