• TOP
  • 国内
  • 国会で婚活の宮崎謙介氏 議員、事務員問わず声掛けていた

国内

2016.02.18 07:00  女性セブン

国会で婚活の宮崎謙介氏 議員、事務員問わず声掛けていた

国会を婚活の場にしていたとの非難も

「“いい人と出会えた”って、娘が嬉しそうにね。そりゃ、さわやかでいい人に見えたよ。赤坂の日枝神社で式を挙げたときは親として何の不安もなかった。それがこんなことになるなんて…。失望というか、残念でならない」

 積雪の残る新潟県新潟市の田園地帯。古びた一戸建てでかすれた声を絞り出すのは、自民党の金子恵美・衆院議員(37才)の父親である。

 地元の月潟村(現・新潟市南区)で村長を24年間務めた父親は体調を崩しており、杖がないと歩けない。

「1年くらい前に脳梗塞をやってね。女房は東京の娘の入院先でつきっきりなんだけど、私は体が悪くて会いにいっていないです。皆さんに迷惑をかけて、すみませんね。本当に…」

 記者の質問に、ポツリポツリと思いを語る──。彼にとって娘婿にあたる宮崎謙介・元衆院議員(35才)の不倫騒動はいまだ収束の気配を見せない。

 妻の金子議員が2月5日に切迫早産で男児を出産するわずか6日前、宮崎元議員は元グラドルのXさん(34才)と地元京都のマンションで一夜を過ごしていたと『週刊文春』(2月18日号)が報じた。

 昨年12月、男性国会議員として初の育児休暇取得を宣言して注目されていた宮崎元議員だけに、“ゲス不倫”の衝撃は大きく、国会には報道陣が大挙して押し寄せた。

 逃げ続けた宮崎元議員だが、2月12日にようやく記者会見に応じると、「欲が勝ってしまった」と不倫を認めて議員辞職を表明。のみならず、Xさん以外の複数の女性との不倫も告白した。ある自民党の議員秘書が打ち明ける。

「筋金入りのチャラ男ですからね。政治家になってからも、美人を見つけては“合コンしよう”って。議員、事務員問わず。国会を婚活の場にしていました。金子議員との交際が判明した時も、“やっぱりそこ攻めたか”ってみんな言っていました」

 元・ミス日本関東代表という肩書を持つ金子議員は早稲田大学卒業後、地元・新潟のテレビ局に入社。2007年に新潟市議に当選し、以後、新潟県議を経て2012年の衆院選で初当選を果たした。

「華やかな経歴に加えて、“政界一の美女”とも称されるあのルックスですから。同期の新人議員で派閥も同じとくれば、宮崎が手を出さないはずがなかった」(前出・秘書)

 宮崎元議員と同じく2012年の衆院選で当選したタレントの東国原英夫(58才)はテレビ番組でこうコメントしている。

「噂はいっぱいありましたよ。いろんな女性をナンパしたとか。国会の受付の女性と合コンしたとか。国会内でナンパしているわけだから。とんでもないよ」

 ちなみに宮崎元議員はバツイチ。2006年に加藤紘一元官房長官の娘・加藤鮎子衆院議員(36才)と結婚したが、わずか3年後に離婚。宮崎元議員の女性関係が原因だったと報じられている。

※女性セブン2016年3月3日号

関連記事

トピックス