• TOP
  • 芸能
  • 『白熱ライブ ビビット』 視聴率増は真矢ミキ効果?

芸能

2016.03.05 07:00  NEWSポストセブン

『白熱ライブ ビビット』 視聴率増は真矢ミキ効果?

 放送作家でコラムニストの山田美保子氏が独自の視点で最新芸能ニュースを深掘りする連載「芸能耳年増」。今回は、『白熱ライブ ビビット』の健闘ぶりに注目。

 * * *
 苦戦を続けていたTBSの朝帯『白熱ライブ ビビット』の視聴率が微増ではあるものの、確実に上昇している。『はなまるマーケット』が“勤続疲労”と、『あさイチ』(NHK)の台頭により終了。TOKIOの国分太一をMCに『いっぷく!』をスタートさせるも視聴率はなかなか伸びなかった。

 昨年4月、パートナーに真矢ミキを迎え、出演者、スタジオセット、そしてタイトルも一新し、『白熱ライブ ビビット』がスタートした。

 当初、国分と真矢は、“腹の探り合い”をしているように視聴者の目に映っていたはずだ。無理もない。真矢はざっくばらんな性格でトーク力に定評はあるものの女優である。しかも「もっと演技の仕事がしたくて」所属事務所を移籍。名前も「みき」から「ミキ」に改め、新たなスタートをきった“最初の大仕事”が『ビビット』。おおいに戸惑ったと思う。

 国分は国分で、ジャニーズ内では「MCの名手」として知られ、在京キー局全局にレギュラーをもつ“お茶の間の人気者”として知られている。“てこ入れ”として真矢が加入したことに心がざわつかなかったといったら嘘になるだろう。

 コメンテーターに『スッキリ!』(日本テレビ系)からテリー伊藤氏が“異動”してきたことにより、国分・真矢共に“持って行かれている”場面もしばしばあった。

 とはいえ、昨秋あたりから、スタジオの雰囲気は目に見えて良くなってきている。

 放送作家として、「演者が仲の良い番組は数字が上がる」という持論があることはこれまで何度も書いてきた。特に、演者もスタッフも毎日のように顔を合わせる生放送の帯番組は、これが絶対的条件と言っても過言ではないのである。

 私の想像だが、『ビビット』のスタジオ内の雰囲気が良くなった理由は、真矢ミキの番組への向き合い方が大きいのではないか。

 実は彼女は、『はなまる~』のMCを番組当初から最後まで務めた岡江久美子と大親友なのである。同時間帯の情報番組MCとして、どんなことに気をつけたらいいのか、岡江に助言をもらっていたハズだ。

 ただ、両番組が大きく異なる点は、生活情報一辺倒だった『はなまる~』に比べ、『ビビット』は事件もやれば芸能ゴシップも扱うことなのである。

 国民的アイドルの国分にとってもそうだが、女優・真矢ミキにとって、特にゴシップについて見解を述べるのは重圧だっただろう。「御意見番」というポジションに居る人ならともかく、同業者の諸事情について表立ってコメントすることは芸能人にとって、実はリスキーなことだからだ。

 以前、『女性セブン』で真矢にインタビューした際、彼女は、4時起き、5時過ぎに局入りという朝シフトにもかかわらず、夜の12時過ぎまで翌朝のネタについて下調べをしたり勉強したりしていると明かした。

関連記事

トピックス