ライフ

本谷有希子氏 芥川賞受賞作への夫の言葉に「うれしい」

【著者に訊け】本谷有希子さん/『異類婚姻譚』/講談社/1404円

【内容】
〈ある日、自分の顔が旦那の顔とそっくりになっていることに気が付いた〉。結婚してもうすぐ4年、専業主婦のサンちゃんの発見は、他人が家族になる「夫婦」ゆえの不思議なのか。夫への違和感は膨らんで、知らない顔が現れるように──。芥川賞受賞作の他、「書けなかった時期に、トモ子という一人称でやった時だけ書けた」という「トモ子のバウムクーヘン」「藁の夫」など3編を収録。

 本谷有希子さんの芥川賞受賞作「異類婚姻譚」は、不思議な変貌を遂げる夫の姿を、専業主婦のサンちゃんの目からとらえた小説である。既婚者である本谷さん自身の夫(詩人で作詞家の御徒町凧さん)はこれをどう読んだのだろう。

「夫は、自分のことが書かれているのかと思って読んだら、あまりにも別の人格で肩透かしだったらしく、『もっと真剣に書けば?』って(笑い)。私はほんとうにまじめに書いたので、それをふまじめだと言われるなんてうれしいなと思いました」

 前作から2年以上ブランクがあった。書いては捨て書いては捨てしていた時に妊娠がわかる。編集者から「生まれたら、次、いつ書けるかわかりませんよ」と言われスイッチが入り、3週間で第1稿を書き上げた。

「妊娠中にパソコンで目を酷使すると神経質な子供が生まれると聞いて、嘘か本当かわからなかったけど、原稿用紙に書いてみました。パソコンだと、ちゃんと書こうという雑念が入ったのに、原稿用紙はいい意味で自由で、『こんな感じ』と絵を書いたり、『あとで書こう』と5行ぐらい空けておいたり、行ったり来たりしながら前に進んでいけたんです」

 臨月の、いつ破水してもおかしくない状態まで原稿に手を入れていた。候補になるのは4回目だが、前回の又吉直樹・羽田圭介両氏の時の盛り上がりもあって、これまででいちばん周囲の期待を熱く感じたそうだ。

関連記事

トピックス