国内

最新国内記事のRSS

ツイッターで話題の「高校最後の弁当」 感動呼ぶその続き

2016.03.19 16:00

 Twitterへのある投稿が話題になっている。それは、“弁当”が生んだ母から息子、そして息子から母

 Twitterへのある投稿が話題になっている。それは、“弁当”が生んだ母から息子、そして息子から母への感謝の気持ちだ──。お弁当包みに入っていた1枚の手紙。便せんや一筆箋に改めて書かれたものではない。小さなメモ用紙にまるで走り書きのように書かれていたのは、母から息子への感謝の気持ちだった。

 そこには「勇貴へ とうとう高校最後の弁当になってしまいました」から始まる母の愛情がふんだんに盛り込まれていた。

 息子は母からのメッセージをTwitterに投稿。瞬く間に拡散し、「感動した」「母想い」「泣きそうになった」と大反響を呼んでいる。

 Twitterに投稿したのは、宮崎県小林市に住む内村勇貴くん(18才)で、3月1日、宮崎市の高校を卒業したばかり。両親と妹2人の5人家族だが、4月からは就職のため東京で1人暮らしが始まる。

 卒業を数日後に控えた“最後のお弁当”の日、お弁当の包みを取り出した勇貴くんは、手紙が同封されていることにすぐ気づいた。でも、まずはお弁当を食べたという。

「手紙を読んだらきっとヤバいなって、泣くかもしれないって思った。そういう手紙なんだろうなって。だから先にお弁当を食べて、食べ終わってから読んで、友達にも見せました」(勇貴くん)

 手紙を読んでちょっとウルッときたけれど、泣くのは我慢した。もし学校じゃなかったら、周りに友達がいなかったら、泣いていたかもしれない。

「友達から、写真撮っておけよ、って言われて、記念だから撮った。Twitterにアップしたのは、感謝してもしきれないっていう気持ちがあったからです」(勇貴くん)

 このTwitterは、約2万3000のリツイート、約4万3000の「いいね!」がつき、日本中に感動が広がっている。親にとっても、子にとっても、“お弁当”には温かい思い出があるからだろう。

本文を読む

マネーポスト不動産売却 NPSアプリで読めます NO! 海賊版・違法サイト
TOP