国内

都知事選 蓮舫氏の集票力は舛添氏獲得の211万票に匹敵

自公にとって最大の強敵?(蓮舫氏の公式HPより)

 遅きに失した舛添要一・東京都知事の辞任表明と同時に、出直し都知事選の号砲が鳴った。

「出るつもりはありません」──真っ先に不出馬表明したのは“櫻井パパ”こと桜井俊・前総務事務次官だ。

 人気グループ嵐の櫻井翔の父親で、高い知名度が期待できるとあって霞が関や安倍側近の一部で待望論が上がり、本誌前号で出馬説を報じたことから、ワイドショーが一気に飛びつき有力候補に急浮上。だが、「息子の七光り」を嫌った本人は機先を制して辞退を明言したのである。

 それならと官邸内では、長く外交政策の腹心だった斎木昭隆・前外務次官の夫人で、外務省国際法局長の尚子氏や、村木厚子・元厚労事務次官の名前が候補として挙がった。安倍晋三・首相に近い都連幹部は語る。

「舛添さんの政治資金問題は、政治団体を持つ政治経験者ならば大なり小なりあり得る話。そこで、官邸サイドは政治とカネの心配がない女性官僚出身がいいと考えているようだが、知名度が低いため野党が有力候補を立ててきたら圧倒的不利」

 官邸も自民党も、後任候補が全く固まらないまま、舛添批判の高まりが参院選に波及したため、見切り発車で都知事更迭に走らざるを得なかったことがわかる。

 その自民党が都知事選の「仮想敵」と見ているのが民進党の蓮舫氏だ。6年前の参院選東京選挙区では2位にダブルスコア以上の約171万票を獲得してトップ当選し、自民党の今回の参院選情勢調査でも「東京の首位を走っている」(選対)という。

 蓮舫氏の集票力は2014年の都知事選で舛添氏が獲得した211万票(次点の宇都宮健児・元日弁連会長は約98万票、3位の細川護熙・元首相は約96万票)に匹敵し、出馬となれば自公にとって最大の強敵になる。民進党東京都連内でも“本命”の蓮舫氏出馬に期待が高い。都連の選対スタッフが語る。

「正直言って参院選は蓮舫以外は大苦戦。だから勢いのある蓮舫が都知事選に出馬して盛り上げてくれたら全体の底上げにつながり、劣勢を吹き飛ばすチャンスになる。

 参院選での蓮舫氏の1議席は確実だから、比例に回して当選した後、すぐに都知事選に鞍替えさせるのも不可能ではないが、そんなことをすれば、安倍首相から『1粒で2度おいしいセコイ作戦』と批判されるのは目に見えているし、他の野党からもクレームが来る。それが悩ましい」

※週刊ポスト2016年7月1日号

関連記事

トピックス

綾瀬はるか(39)
SixTONESジェシーが惚れた12歳上・綾瀬はるかのナチュラル素顔「2日とも同じ自然体なファッション」
NEWSポストセブン
熱愛が明らかになった綾瀬はるかとジェシー
【スクープ】綾瀬はるかとSixTONESジェシーが12才差真剣交際 「仲良くさせていただいております。ズドン」とジェシーが取材に回答
女性セブン
SixTONES・ジェシー(28)
《ハグやキスもカジュアルに》SixTONESジェシーは「きれいなお姉さんに惹かれがち」綾瀬はるかと結ばれた“必然の恋愛観” ズドンとハートを射抜かれた
NEWSポストセブン
大村崑さん
名古屋場所 土俵下に転落した正代と接触の大村崑が初告白「実は落ちてくることは予想できていました」
NEWSポストセブン
(写真/被害女性の母親提供)
体重は33キロに減り、電気も水道も止められて…22歳シングルマザー「ゴルフクラブ殴打殺人」 被害女性の母親が語る「犯人の主張に絶望」「なぜ娘が…」
NEWSポストセブン
逮捕された佐野海舟容疑者(時事通信)
《性的暴行で逮捕》佐野海舟容疑者、オンラインサロン上に“新規メッセージ”でファンが騒然「僕はひたすら待ち続けます」
NEWSポストセブン
『旅サラダ』卒業を発表した俳優でタレントの神田正輝(73)
《山男の自分を取り戻す》神田正輝「小さな山小屋をやったら楽しい」旅サラダ卒業後の“第2の人生”計画
NEWSポストセブン
早くも自民党総裁選に向けて走り出した議員も(時事通信フォト)
9月の自民党総裁選に向けて動き出した有力候補たち 小泉進次郎氏、石破茂氏、茂木敏充氏、小林鷹之氏ら派手な乱立戦の可能性
週刊ポスト
俳優・中野英雄と次男の仲野太賀(時事通信フォト、HPより)
《俳優・中野英雄が告白》大ブレイク中の息子・仲野太賀への思い「昔渡した腕時計を、今も…」「あいつは全部自分で切り拓いた」離婚後も変わらなかった“家族の絆”
NEWSポストセブン
結婚生活にピリオドを打った女優の田中美佐子とお笑いコンビ・Take2の深沢邦之(インスタグラムより)
《円満離婚なんてない》田中美佐子、格差婚から“仮面夫婦”と言われて29年「生じていた3年前の異変」「突然消えた結婚指輪」元夫は女性ファンとラブホデート
NEWSポストセブン
名古屋場所
《名古屋場所に登場の溜席着物女性》美人どころを引き連れ周囲の目を惹く存在に 土俵に最も近い席で15日間皆勤
NEWSポストセブン
今回会合が開かれた稲川会の内堀和也会長。
【ヤクザサミット2024in横浜に密着】関東暴力団トップ、マル暴40名が駆けつけた「炎天下の極秘会合」が開かれたワケ
NEWSポストセブン