国内

公園を保育所にする杉並区に「通勤時間を30分伸ばせばいい」

定員120名の保育所が建設される予定の向井公園

 安倍政権が「待機児童ゼロ」を目指すのは2017年度末。一方、杉並区が目指すのは2017年4月。杉並区は国に1年先駆けたゼロ達成を掲げている。杉並区は昨年度、新たに13か所の認可保育所の設立を目指していたが、実現したのは約半分の7か所だけ。

 保育所として利用する区有地のうち、4か所は公園だ。杉並区が打ち出したその方針が、住民の思いもよらぬ猛反発を生んでいる。

 その1つ、5月29日に行われた久我山東原公園に関する住民向け説明会は紛糾した。区の計画は久我山東原公園のおよそ3分の1にあたるスペースを保育所にするというもので、住民たちは次々に反対の声を上げた。

「子供たちから公園を取り上げるのはむごいこと」
「2750名の(反対)署名が集まった」

 賛成する母親の声が反対する住民の声でかき消される様子などがテレビで報じられると、ネットなどには「自分たちの都合しか考えないエゴイズムの塊」「醜い」と住民たちを批判する声があふれた。逆に区には全国から応援の電話があったという。

 それは久我山東原公園だけではない。そこから北へ6kmほど離れた向井公園(写真)には、定員120名の保育所が建設される予定だ。閑静な住宅街にある緑豊かなこの公園は、近所の子供たちの遊び場になっている。隣接した住宅には「こわさないで ぼくらの向井公園」と記された横断幕が掲げられていた。

 近隣住民の1人が語る。

「この辺りで、子供がボール遊びができるのはここだけです。近くに小学校の校庭がありますが、そこは常に開放されているわけではありません。遊び場がなくなってしまうのは、子供たちが不憫です」

 では、公園以外ならいいのか、といえば決してそうではない。6月5日夕方、杉並区立天沼中学校の教室の一室で保育所整備に関する住民向け説明会が開かれた。前述した久我山東原公園に関する説明会から1週間後とあって、大きな注目を集めた。

関連キーワード

関連記事

トピックス