芸能

R15舞台共演の高岡早紀と松坂桃李 急接近の大阪の夜

舞台を終えて出てきた高岡と松坂

 白いつば広帽を目深に被った女性がひとり、深夜の大阪・キタのメインストリートを歩いていた。繁華街のネオンと車のヘッドライトに照らされた顔は少し上気している。彼女はついさっきまで舞台の上にいた。クライマックスでは一糸まとわぬ姿を披露し、万雷の拍手を浴びた。頬の赤みは、その余韻だろうか。

 その5mほど後ろに、彼女の背中を見つめながら歩く長身の男性がいる。シルバーのベストにパンツ。ふたりは近づかず離れず、歩いていた。

 交差点の赤信号で女性が止まった。すると、彼が自然に追いついて、彼女の横に立つ。彼が何かを彼女の耳に囁く。先を歩いた高岡早紀(43才)と、後を追った松坂桃李(27才)。2、3言葉を交わすと、笑顔に。阿吽の呼吸で別々のタクシーに乗り込み、周囲の目を気にしながら夜の街へと消えていった──。

 8月26日に東京公演が始まった高岡と松坂が出演する舞台『娼年』は、9月7日から会場を大阪に移した。

 原作は石田衣良(56才)の小説『娼年』と続編に当たる『逝年』。毎日を無気力に生きてきたフリーターのリョウ(松坂)は、ボーイズクラブのオーナー・御堂静香(高岡)と出会い、自分の体を売るプロの娼夫としてさまざまな女性たちの心を「セックスを介して」解放していく。愛のない肉体の交わりを繰り返すリョウだったが、次第に静香に惹かれていく。

「3時間の公演で松坂さんは10回もベッドシーンを演じます。卑猥な言葉を言ったり、胸に舌を這わせたり、放尿シーンや男性同士の行為も。あまりに生々しい性描写に、舞台では珍しく15才未満の観劇が禁止されたほどです。それも話題を呼んで、連日満員御礼で立ち見客も出ています」(舞台関係者)

 舞台のクライマックス、レクイエムが流れる中、あふれ出した感情を抑えきれずに高岡と松坂は服を脱ぎ捨て一糸まとわぬ姿になる。同時に天蓋からレースのカーテンが下り、カーテン越しに見えるのは、透き通るような柔肌にツンと立った乳首がなまめかしい高岡と、松坂の引き締まった肉体。ふたりは静かに体を重ねた。

関連記事

トピックス

慣れたご様子で馬と触れ合われた(写真/宮内庁提供)
愛子さまのイニシャル入りハートのペンダント「ご学友からの贈り物」と公表した理由
女性セブン
今オフは積極的に動くことを明言していたが……(写真/共同通信社)
原巨人 オフの戦力補強はまた大物外国人頼み?「これでは来季も優勝争いに絡めない」の指摘
NEWSポストセブン
【エクシア720億円投資トラブル】訴訟乱発、代表退任 元副社長が語る「天才トレーダーかけるんの本当の実力」
【エクシア720億円投資トラブル】訴訟乱発、代表退任 元副社長が語る「天才トレーダーかけるんの本当の実力」
NEWSポストセブン
かつてはバイト掛け持ちの苦労人で『ひよっこ』のヒットもあり大人気の有村架純
有村架純は“悪妻”をどう演じるか 『どうする家康』での注目ポイントを時代劇研究家が解説
NEWSポストセブン
基礎疾患を抱えていた渡辺徹さん コロナ後遺症と急逝に因果関係はあったのか
基礎疾患を抱えていた渡辺徹さん コロナ後遺症と急逝に因果関係はあったのか
女性セブン
「体力的、筋力的に落ちている」と発表
中居正広が休養期間を延長 想定外の長時間だった手術と独立後に抱えていたストレス
女性セブン
大久保で買ったというペアルックのスタジャン姿の、坂口杏里(左)と進一さん
坂口杏里、“睡眠薬横流し疑惑”を完全否定「家のどこかに置いたままです」
NEWSポストセブン
少なくない額の借金もあった志垣さん
志垣太郎さん 数千万円単位の借金、『半沢直樹』降板騒動…苦しみの晩年
女性セブン
学生時代の三浦容疑者(SNS「mixi」より)
寝た園児に「ご臨終です」虐待逮捕の元保育士 SNSには「ちびたちが大好きなやつです」
NEWSポストセブン
山崎静代と婚約相手
「南海キャンディーズ」しずちゃん(43)が結婚宣言、お相手は4歳年上で「R-1グランプリ」出場の紙芝居詩人
NEWSポストセブン
K
globe・KEIKOが新曲発表へ 小室哲哉がレコーディングに参加も“共演NG”状態
女性セブン
子供達に罪はない(公園に貼られた張り紙)
【公園廃止】「子供の声がうるさい」と意見したのは国立大学名誉教授 市役所は忖度か
NEWSポストセブン