• TOP
  • 芸能
  • R15舞台共演の高岡早紀と松坂桃李 急接近の大阪の夜

芸能

2016.09.15 07:00  女性セブン

R15舞台共演の高岡早紀と松坂桃李 急接近の大阪の夜

「高岡さんの艶っぽさに引っ張られるように、松坂さんの演技も素晴らしかった。彼がここまで体当たりの演技をしたことに驚かされました」(芸能関係者)

 松坂と高岡の共演はこれが初めてではない。2012年の映画『今日、恋をはじめます』で母と息子役を演じていた。

「前回の息子から、今回は情夫へ。4年の間に、プライベートの松坂さんも大きく変わりました。綾瀬はるかさん(31才)との恋もありましたね。舞台稽古中、高岡さんは彼のことを“おとなしそうに見えて、全然違う。あの子ヤバイ”って言ってました。もちろん役者としてだと思って聞いてたんですが…」(前出・舞台関係者)

 芸能界随一の恋多き女で、華麗な恋愛遍歴を誇る高岡。1996年に保阪尚希(48才)と結婚し2人の息子を授かるが2004年に離婚。2010年、内縁関係の青年実業家との間に長女を出産するが、その後すぐに破局。その間にも、布袋寅泰(54才)や松尾スズキ(53才)、市川海老蔵(38才)、勝地涼(30才)と、熱愛が報じられた相手はきりがない。

 高岡の18才、16才になる息子は現在海外に留学中。シングルマザーになってからの子育ては母親の手を借りているが、酒豪として知られる彼女の門限は「6才の娘が起きる前」。高岡ファンの男性は多く、年下から言い寄られることもあるが、「自分からは行かない。相手に“頑張らせる女性”」(高岡の知人)だという。

 そんな高岡に「ヤバイ」と言わしめた松坂。ふたりの距離が縮まるのに時間はかからなかったようだ。

※女性セブン2016年9月29日・10月6日号

関連記事

トピックス