芸能

藤原紀香が頻繁に「炎上」するようになった流れとは?

片岡愛之助と挙式を行った藤原紀香

 9月23日に京都の上賀茂神社で片岡愛之助(44才)との挙式を行った藤原紀香(45才)。その姿に、“40代半ばで再婚なのに白無垢で目立ちすぎ”などとバッシングの声がやまない。

「2006年に陣内さんとの結婚会見をした時は“格差婚”といわれましたがバッシングの空気はまったくなかった。結婚直後に自著『紀香バディ!』を発売。《目覚めよ、女! あきらめの中に美しさは宿らない、怠惰な人生に愛は実らない》と銘打った美の啓発本でしたが、昔のムチムチボディーからダイエットの失敗談、美容の秘訣まで惜しみなく披露。こんな美貌の紀香も努力しているんだ! と女性たちの心を掴んでいました」(芸能関係者)

 2009年に陣内智則と離婚。

「原因はひと言でいえば、陣内さんの女性問題でしたが、そのときの陣内さんは紀香さんから離婚したいと言い出すのを待っているようなあからさまな浮気を繰り返していました」(関係者)

 2014年にブログ『氣愛と喜愛で♪ノリノリノリカ』を開設すると、頻繁に「炎上」するようになった。

 たとえば自身のスッピン画像を高い頻度でアップすると、「若いっていってもらいたいの? 誰にアピール? 必死すぎて痛い」と叩かれ、髪形をツインテールにした写真をアップすると「44才にもなって」と批判された。

 昨年7月の主演ドラマ『ある日、アヒルバス』(NHKBSプレミアム)で無職の40代独身女性を演じ、役どころを聞かれて、「本当にボロボロの女性です。底辺にいる藤原紀香が見られますよ」と返答。「40代の無職独身女性=底辺」という主張だと受け止められ、火の手が上がった。

 今年3月の結婚会見では愛之助と友達関係が長かったとアピール。

「熊切あさ美との三角関係疑惑を払拭しようと、辻褄の合わない小さい嘘をつきすぎだと炎上しました。2度目なのに金屏風の会見ていうのも配慮がないと批判の声があがっていました」(テレビ局関係者)

 4月、熊本地震に際して、《火の国の神様、どうかどうかもうやめてください》とブログに書き込むと、「熊本の人に天罰が下ったかのような言い方だ」と大炎上。7月には亡くなった愛犬の写真をブログにアップして、「死骸の写真を載せるなんて非常識」とバッシングされた。コラムニストの齊藤カオリ氏が言う。

関連記事

トピックス

4Aに挑戦し続ける羽生結弦選手の今後はどうなる
羽生結弦、事実上の現役続行宣言「芸術性も技術も」不利なルール変更に挑む覚悟
女性セブン
バンド活動がいちばん楽しいと語っていた綾野
東京五輪のない今年も?『オールドルーキー』など夏ドラマのスタートが早くなっている理由
NEWSポストセブン
手錠監禁が行なわれたとみられる三瓶容疑者の別荘(時事通信フォト)
茨城23歳女性“手錠”監禁事件 2人を結びつけた「同人モデル」の危険な撮影実態
週刊ポスト
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
黒柳徹子と20年交際秘話
黒柳徹子、さだまさしと突然“共演NG”の謎 さだの鋭いジョークが原因か
女性セブン
広末がマッサージ店から出てきた
広末涼子が渋谷センター街に現れた!マッサージ受けてのんびり散歩、1人で寿司店に
女性セブン
松鳳山
人気力士・松鳳山「引退後は親方にならず退職」の裏に70歳再雇用と名跡不足の大問題
NEWSポストセブン
元タレント、アスリートから党首まで…参院選注目の女性候補者たち
元タレント、アスリートから党首まで…参院選注目の女性候補者たち
女性セブン
「ハウル・カラシニコフ」こと小川雅朝容疑者(本人の公式Twitterアカウントより)
NHKも騙されていた 淫行で逮捕「トー横のハウル」の巧みなメディア統制
NEWSポストセブン
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
女性セブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン
井上陽水
井上陽水が進める引退への準備 個人事務所の社長は辞任、連絡が取れない状態か
女性セブン