芸能

三田友梨佳アナと西武・金子侑司 破局報道あったが交際継続

三田友梨佳アナと金子侑司のツーショット

 上戸彩や松嶋菜々子らが出産したことで知られる東京・港区にある、芸能人御用達のセレブ産婦人科。10月上旬の夕方、本誌記者は、大きなマスクを付けて病院に入るミタパンことフジテレビの三田友梨佳アナ(29)を目撃した。

 彼女は午後の情報番組『直撃LIVE グッディ!』の進行役を務めており、この4月に退社した加藤綾子アナ(31)に続くエースアナと言われている。

 さらに記者を驚かせたのは、それから約1時間後、夜間通用口から出てきた彼女を迎えに来た男性だった。白い高級外車に乗ったその男性は、西武ライオンズの金子侑司(26)。今季パ・リーグの盗塁王に輝いた期待の選手である。

 この2人、かねてから交際が取り沙汰されていたが、今年2月に〈ミタパンが西武・金子と破局! 互いの仕事に集中、良い友人関係に〉(サンケイスポーツ2月20日付)と破局報道があった。フジテレビ関係者が言う。

「2人はこれまで何度かあった破局危機を乗り越えて、仲を深めてきた。しかし今年2月には別れを同僚たちにも報告したので、“もう戻らない決意の表われか”と周囲は見ていましたし、本人も“カレとは友達に戻ったの”と言っていました」

 その2人がなぜいまさら? しかも産婦人科!? その後、2人は六本木の高級焼肉店へ。秘伝のピリ辛ダレに浸かったジューシーな肉は精が付くと評判で、金子と向かい合って座ったミタパンは幸せそうな表情を浮かべていた。

 2人はその後も逢瀬を重ねていた。産婦人科デートから3日後、西武ドームで練習を終えた金子が車を飛ばして向かった先は、ミタパンの自宅。彼女をピックアップすると、しばし都内をドライブデートし、次に停まったのは金子の自宅だった。
 
 どうやら交際の“復活”は間違いないところだが、2人で産婦人科ということは、まさか──。フジテレビに問うと、「(三田アナの)姉が出産してお見舞いに行ったためと聞いております」と回答。ミタパンも本誌がフジに確認した直後に〈baby〉と題したブログを更新し、甥っ子の誕生を報告した。ミタパンの知人が言う。

「老舗劇場『明治座』の社長である三田の父親は、金子君がプロとして一流の成績を残していないことを理由に交際に反対していたそうです。しかし、今季はタイトルも取って、来季の年俸大幅アップも間違いない。今度こそ認めてもらえる可能性が出てきたのでは」

 2人の交際についてフジも西武も「プライベートについてはお答えしません」との回答。だが、今後の金子の活躍次第では、姉に続く“おめでた”もあるかも。

※週刊ポスト2016年10月28日号

関連記事

トピックス

ホームランの“確信歩き”もサマになるヤクルト・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が「外れ1位」でも大活躍! その心理を“経験者”の元阪神・遠山奬志氏が解説
NEWSポストセブン
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
NEWSポストセブン
五社英雄監督について実娘の五社巴さんが振り返る(C)五社プロダクション
没後30年、五社英雄監督 娘が振り返る「常識では考えられないほどの仕事量」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
ヤクルトの若き主砲・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が史上最年少40号!「外れ1位」が清宮幸太郎をはるかに凌ぐ理由をスカウトが説明
NEWSポストセブン
プロレス総選挙
今回は「プロレス総選挙」 なぜテレ朝は『○○総選挙』を放送し続けるのか
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
かかりつけ医の見つけ方(写真/GettyImages)
最高の「かかりつけ医」を見つけるために…チェックすべきは「話し方」
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン