• TOP
  • ライフ
  • カーツさとう 前立腺がん「PSA検査」初体験記(第1回)

ライフ

2016.10.25 16:00  NEWSポストセブン

カーツさとう 前立腺がん「PSA検査」初体験記(第1回)

カーツさとうの前立腺がん「PSA検査」初体験記

 2015年に「国立がん研究センターがん対策情報センター」から発表されたがん罹患率の短期予測では、10年前の3倍、年間9万8400人もの男性が前立腺がんになるという。これは胃がんや肺がんを抑えて男性におけるがん罹患者の1位である。そうした中で、前立腺がんを早期発見するにはどうすればよいのか。ライター・カーツさとう氏が、前立腺がん検査に初挑戦する!

 * * *
 男が今、一番気にしなけりゃいけないことといえば、なんといっても“前立腺がん”である。

 なにしろ前立腺がんといえば、日本人男性がかかりやすい癌ランキングで、胃がん、肺がん、大腸がんを抜き去り、いまや一躍トップの座に躍り出たおっそろしいヤツなのだ。

 しかし前立腺がん治療の世界的権威・頴川晋(えがわ・しん)慈恵医大教授の書いた『前立腺がんは怖くない』(小学館新書)によれば“簡単な検査で早期発見ができる”という。こりゃあ検査受けないとな~と思ってた所!! なんだかまァちょうどいいタイミングで、オレの住んでる川崎市の『国民健康保険特定健康診査のご案内』という、漢字だらけの封筒が届いた。

 いわゆる会社の健康診断とかのないオレみたいな国民健康保険だけの自営業者も、年に一回、安く健康診査が受けられますよという案内である。そしてよく見ると“同時にがん検診も安く受けられる”ということが書いてある。

 よし! 毎年一回受けられる、この市の検診も5年以上受けてないから、それも受けて、同時に前立腺がんも含めたがん検診しちゃうか!! と、53才ならではの健康意識がスルスロットルで加速していく。

 ところがである!! 市の案内にある、安く受けられるがん検診の種類っていうのが、肺がん、大腸がん、胃がんに子宮がん、乳がんの5種類のみ…。

 ただちょっと調べると、この手の住民検診に前立腺がん検査を含めている自治体は全国7割になるそうで、まぁそこらへん川崎市は遅れてるのかもしれない。いや遅れてるぞ、アンタ絶対!

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス