スポーツ

大谷翔平「獲得レース」 9才年上地方局アナが一歩リードか

9才年上地方局アナとの噂は?

 日本シリーズでも奮闘を続ける、北海道日本ハムファイターズの大谷翔平選手(22才)。「野球にしか興味はない」といわれ、ゆくゆくはメジャーリーガーという「日本の至宝」に期待は高まるが、今、大谷にこんな噂が囁かれている。

「どうも、意中の女性ができたらしい…」(球界関係者)

 スポーツ一家の末っ子として育った大谷は、地元・岩手の花巻東高校からプロの世界に足を踏み入れた。

「高校時代は恋愛禁止で、バレンタインデーにチョコをもらったこともないほど。プロになってからも、遊びにうつつを抜かさないように外出は監督の『許可制』だけど、大谷にはそんなの必要ない。でも、“野球が仕事で趣味”というくらい野球にしか目がないし、私服はお兄さんやお姉さんが送ってくれたもの。贅沢もしないし、好きな食べ物はコンビニのクレープという、とにかく“草食系”です」(前出・球界関係者)

 実力も容姿もおまけに性格もマジメという三拍子揃った大谷の“獲得レース”の号砲が鳴り響かないはずはなかった。

「各テレビ局の女子アナや女性記者は、こぞって“大谷くんの取材に行きたい!”って熱望しています。対談インタビューを申し込んで欲しいという女子アナも後を絶たないとか。たしかに、昔から野球選手と女子アナの取り合わせは多いですからね」(テレビ局関係者)

 そんな日本シリーズに負けない熱気の“レース”を一歩リードする女性が! ある地方テレビ局に勤めている彼女は、大学在学中からテレビ番組のリポーターとして活動。大谷より9才年上の、高島彩(37才)似の清楚系美人・Aさん(31才)だという。

「年齢よりもかなり幼く見えるタイプ。現在はニュースからバラエティー番組まで幅広く担当していますよ。芸人と絡んだりすることもあるので、笑いにも柔軟に対応できて、アナウンサーとしての実力をしっかり備えていると評判です」(地方局関係者)

 実は1年ほど前、一部の関係者の間で大谷とAさんの交際の噂が立った。知人を介した飲み会で出会ったという。

「大谷は北海道の大スターだし、背も高くて目立つので、“札幌では彼女もつくれません”とよく言っていました。でも、地方局のAさんなら、遠征先で待ち合わせもできる。実際、遠征先の試合をAさんが観戦している姿が何度も目撃されています」(別の球界関係者)

 周囲のアドバイスもあり、ふたりは一時、距離を置いていたというが、

「それでも、今シーズンの中盤にまた会うようになったそうです。Aさんは親しい人には“つきあっている人がいるんだけど名前は言えない。高校時代から有名な人。できれば結婚もしたい”と話しています。最近ではそのへんの記者顔負けに野球に詳しくなりました。本気だと思いますよ」(前出・地方局関係者)

 という。今年1月、インタビューで恋人について聞かれると「いない」と断言しつつも「彼女がいた方が活躍できるのかな」と前向きな発言をしていた大谷。この活躍のウラに、もしかして…。

※女性セブン2016年11月10日号

関連記事

トピックス

本田圭佑氏の解説が視聴者に受け入れられたポイントは?(Getty Images)
まだ間に合う「解説・本田圭佑」入門 事前に把握しておきたい「さん付け以外」の8人
NEWSポストセブン
高橋一生が夜の街を仕事関係者らしき男性とともに
高橋一生「41才独身、女優のアプローチをいなし、愛犬に愛情注ぐ」モテモテなのに結婚しない理由
NEWSポストセブン
九州場所
大相撲九州場所 土俵際の溜席に毎日座る話題の「着物美人」何者なのか本人直撃してみた
NEWSポストセブン
松原千明さんの死の真相
追悼・松原千明さん「あんなに純粋でかわいらしい子はいない」愛娘すみれへの思い
女性セブン
金正恩氏と娘のツーショット(写真/朝鮮通信=時事)
北朝鮮・金正恩総書記、「娘の写真」公開で勃発する妹・金与正氏の子供との権力闘争
週刊ポスト
小室さん夫妻、NY高級ホテルで結婚パーティー計画 母・佳代さんは張り切って渡米準備
小室さん夫妻、NY高級ホテルで結婚パーティー計画 母・佳代さんは張り切って渡米準備
女性セブン
夜の街でもオーラを放つ村上
村上宗隆、ハイブランドをさらりと着こなすオシャレぶり「こだわりの私服」で高級鮨店に
女性セブン
省人化のためセルフレジの導入がすすむが、トラブル対応で店員がつききりになることも(イメージ、Avalon/時事通信フォト)
元セルフレジ案内係の告白「他人を見張ることが辛くなって辞めました」
NEWSポストセブン
鈴木福、超名門大学にAO入試で合格 来春に芦田愛菜とキャンパスで再会もあるか
鈴木福、超名門大学にAO入試で合格 来春に芦田愛菜とキャンパスで再会もあるか
女性セブン
悠仁さま(写真/JMPA)
悠仁さまの成績不振報道に紀子さまの焦り 塾へ通うわけにもいかず家庭教師をお探し
女性セブン
松原千明さんの死の真相
松原千明さん、2回目の離婚で「人を信用できなくなった」 異国で感じていた深い孤独
女性セブン
焼き鳥デートの後にラブラブ帰宅
サンシャイン池崎 猫と暮らす自宅で年下恋人と同棲状態「隠してるわけではないんですけど…」
女性セブン