• TOP
  • ライフ
  • 【晩婚考現学】46歳絵理子「子供産めないけどいいですか?」

ライフ

2016.11.05 16:00  NEWSポストセブン

【晩婚考現学】46歳絵理子「子供産めないけどいいですか?」

古い日本文化への興味がきっかけとなった(写真:アフロ)

 晩婚化、非婚化が進むいま、40代男性の未婚率は約3割となり、女性も2割に迫ろうとしている(平成27年国勢調査速報値より)。一方で、結婚願望を抱き続ける人もいる。結婚相談所や婚活サイトの利用者は3年連続で増加しており(「婚活実態調査2016」)、「結婚」したい男女の奮闘は続いている。そんな中、40代で結婚を果たした女性たちの事情とは――。彼女たちはどのように結婚に至り、結婚で何を得て、何を失ったのか。40代の結婚の実情をお届けする【晩婚考現学】シリーズ。第1回は46歳、婚活サイトで知り合った42歳男性と結婚した「絵理子の場合」。

* * *
■ガツガツ頑張らないと結婚ってできない

 今年の夏に入籍しました。旦那さんは42歳で再婚、都内で働く会社員です。約1年前に婚活サイトを通じて知り合い、出会って3か月で付き合い、交際8か月で結婚。びっくりするくらい順調でした。でも私、婚活サイトを始める前まで、どん底だったんです……。あの時期があったから結婚できたとも言えるんですけど。

 40代になってからは、「結婚はしなくていい」と、「やっぱり結婚したい」の間でずっと揺れていましたね。若い頃から結婚願望は強かったんです。が、私なりにいろいろあってもご縁はなくて、40代に入って、さすがに諦めの気持ちも出てきたというか……。40過ぎて結婚にガツガツしてる女って痛いじゃないですか。でも、私の経験から言わせてもらえば、ガツガツ頑張らないと結婚ってできないです。

 これまで結婚できなかった理由は……25歳から8年ほど付き合った人と、結婚できなかったからでしょうかね。私は結婚したら子供が欲しかったんですが、彼はギャンブル好き、外食好きで、お金遣いが荒く、父親としてはどうなんだろうという気持ちがぬぐえなかった。家庭的な人を探そうと別れたものの、以降、全く出会いがありませんでした。見た目はこの通りごく普通で、モテるタイプでもなかったし……。

 40代に入ると、一人で生きていく道を考えるようになりました。30代後半から、彼氏もできなくてヒマだから、趣味を広げたんです。一番は茶道です。どういうわけか、和の世界に惹かれる独身って多いみたいで、友人もたくさんできたし、学ぶことも多くて、とても楽しい。

 仕事は、会計事務所で主に会計補助をやっています。会計士を目指した時期もあったのですが、私の頭では無理だったみたい。それでも15年以上やっていますから、やりがいもあるし、職場環境もいいので、この仕事を続けたいと思っていますね。

■仕事と趣味は充実、それでも「1人でいい」とは思い切れなかった

 1人で楽しく生きて行くんだ! と振り切れなかったのは、やっぱり子供が欲しかったから。うち、大家族なんです。5人きょうだいで育ち、祖父母も一緒に住んでいました。私も子供をたくさん産みたい、それが女の幸せなんだと、思い込んで生きてきたんです。

 だから、年齢を重ねると、相手が見つからない焦りとともに、妊娠しづらくなるという焦りが募りました。それもあって、30代後半で結婚相談所に入ったんです。紹介人数の多いコースに申込みました。最初に30万くらい払ったかな。月に2、3人とお見合いするのですが、私はどうしても相手のことを、自分と合うかというより、父親としてどうか、という目で見てしまうんです。子供のためにも、そうやってシビアになるのが当然だとも思っていました。傍から見たら、なんて高望みな、頓珍漢な女だと思われていたでしょうね。

関連記事

トピックス