• TOP
  • 国際情報
  • 朴槿恵大統領を操る崔順実氏の「整形」と「三角関係」

国際情報

2016.11.10 16:00  女性セブン

朴槿恵大統領を操る崔順実氏の「整形」と「三角関係」

陰の「女帝」の言いなりだった?

「朴槿恵は退陣しろ!」。11月5日、韓国・ソウル中心部を埋めた20万人のデモ行進の迫力は圧巻だった。朴槿恵大統領(64才)の40年来の親友とされる、崔順実氏(60才)による「国政介入疑惑」に怒る人々は、口々に大統領の退陣を求めた。

 一国の大統領が一人の民間人女性の言いなりになり、衣装、演説内容から人事や外交政策にいたるまで、「女帝」である崔氏が決めていたことが問題視された。

 崔氏は宗教家の父、故・崔太敏氏とともに降霊術を駆使して、両親が暗殺されて悲嘆にくれる若き日の朴大統領に取り入ったとされる。

「朴槿恵と4才年下の崔順実には、韓国人の女性の間に特有の『姉貴分・妹分(オンニ・トンセン)』という強固な人間関係がありました。血が繋がっていなくても、一度信頼を築いてしまえば、本当の姉妹よりも親密につきあうのが韓国女性。未婚で実の妹、弟とも絶縁状態の朴にとっては、崔は唯一頼れる家族的な存在だった。逆に、崔は朴の心の隙間にうまく入り込んだといえるでしょう」(ジャーナリストの李策氏)

 姉貴分から権力も利権ももらっていた妹分の崔氏は特権意識の塊で、とにかくやりたい放題。

「ファッションは韓国でいわれるところの『江南・福夫人』スタイルを地で行っています。エルメスなど超高級ブランド物で身を固めた、いわば“成金マダム”。ある時、ソウル市内の百貨店に開店時間前に出かけていって、無理矢理オープンさせたことがありました。その時に彼女を止めようとした警察官は左遷されたそうです」(在韓ジャーナリスト)

 崔氏の傲慢エピソードは枚挙にいとまがない。彼女は2000万円の会費を払えば専属の医師がつき、至れり尽くせりの医療サービスを受けられるVIP病院に通っていた。受診の順番を守らず、すぐに受診させろとクレームをつけるのは日常茶飯事で、ある時は“院内で携帯電話をなくした!”と大騒ぎして、看護師を総動員して捜させたこともあったという。

 崔氏の娘であるユラさんは2014年に韓国の名門・梨花女子大学の体育教育科に入学したが、これもカネにモノを言わせた「裏口入学」だったと報じられ、大学総長が辞任する騒ぎとなった。

「娘を裏口入学させる条件を満たすために、崔氏はユラさん1人しか参加しない『乗馬大会』を開催したんです。しかも、その時に娘を乗せた馬は1億円もしたそうです。それを批判した学生にユラさんは『貧乏人はかわいそうね』と言い放って大炎上しました」(前出・ジャーナリスト)

関連記事

トピックス