国内

最新国内記事のRSS

愛子さま、ストイック減量の背景にご学友の「きれい!」の声

2016.12.13 16:00

 12月1日、15歳の誕生日を迎えた愛子内親王。宮内庁が公開したのは、かつてのイメージから大きく変わ

 12月1日、15歳の誕生日を迎えた愛子内親王。宮内庁が公開したのは、かつてのイメージから大きく変わられたお姿だった。ふっくらとしていた頬はほっそりとし、足や手も非常に細くなっていた。「大人の女性」として成長された様子を「スッキリして綺麗になられた」と喜ぶ声もある一方、「健康状態は大丈夫か」と心配する声があったのも事実だ。

 愛子内親王は9月26日から約1か月半にわたり、学習院女子中等科を欠席していた。皇室担当記者の話。

「定例会見で東宮大夫は当初、愛子さまの体調不良を『夏休み明けの宿題の提出やテストでお忙しくなさり、運動会を控えての練習も重なり、お疲れが出た』と話していた。しかし、欠席が長期化し、宮内庁記者会から追及されると『病名はない』『問題はない』としどろもどろの説明を繰り返した。それがかえって病状への心配が広がる結果となってしまった」

 宮内庁関係者が声を潜める。

「9月頃から愛子さまはいわゆる炭水化物抜きダイエットを始められた。白米はほとんど召し上がらなくなっており、朝はヨーグルトやジュースだけ。夜はサラダ、煮物、野菜のお浸しくらいで肉類をほとんど召し上がらない」

 なぜそこまでの食事制限をすることになったのか。学習院関係者が説明する。

「愛子さまは、昨年の夏ごろから身長がどんどん伸び、スマートになってこられました。するとご学友から“可愛い!”“きれいになった”と誉められるようになったそうです。それまでファッションや美容に強いご興味があるタイプではありませんでしたが、“周りからの目”を受けて減量が楽しくなっていった。

 元々、愛子さまは雅子さまに似て“完璧”を目指されるタイプ。ストイックに体重管理を続けられたのでしょう」

 社会心理学者の碓井真史氏は思春期の“極端な減量”についてこう話す。

「この年頃の女の子は非常に見た目を気にする。もっと綺麗になりたいと無理をする子も少なくありませんから、周囲の大人が注視しておくことが必要です」

 とはいえ、あの美しい姿を見れば、ダイエットにやりがいを感じることはうなずける。しかし、まずは体力である。12月5日からは期末試験も始まっており、学業面での負担も大きい。

 いまだ体調には波があるだけに、まずはダイエットよりもしっかり食べて頂き、一刻も早い回復を願いたい。

撮影■雑誌協会代表取材

※週刊ポスト2016年12月23日号

本文を読む

連載・シリーズ

マネーポスト不動産売却 NO! 海賊版・違法サイト
TOP