国内

最新国内記事のRSS

ニセ警官に扮し金塊強奪した「福岡6億円事件」の犯人像

2016.12.22 07:00

「警察だ。中身を見せろ」「密輸品だということは分かっている」──。突然の職務質問に、男たちは持ってい

「警察だ。中身を見せろ」「密輸品だということは分かっている」──。突然の職務質問に、男たちは持っていたアタッシェケースを渡した。中に入っていたのは約120キロ、6億円に相当する金塊だった。

 ところが、それを受け取った“警官”らは、男たちが目を離した隙に車に積みこんで一目散に逃げ出した──。

 2016年の最後に発覚したのは、往年の「3億円事件」を彷彿させる衝撃的な強奪事件だった。事件が起きたのは2016年夏、白昼のJR博多駅・筑紫口付近の路上だったという。

「被害に遭った男らは金塊について『盗難される前日に換金目的で買い取ったもの』と説明しています。貴金属買取店の付近まで車で運搬し、店に入ろうとした一瞬の出来事だった。その用意周到さから、犯人らは男たちの行動を詳細に把握していたとみられています。

 当初は狂言の線も疑われましたが、防犯カメラなどの映像解析から、実際に犯行があったと確認。犯人らが着ていた警官風の服は山口県内で発見され、犯人グループは県外に逃亡したとみられています」(捜査関係者)

 県警捜査関係者が注目しているのは、2016年3月に、大阪市の路上で、金塊を換金した直後の男性が暴行され、現金約5700万円が入ったバッグが奪われた事件だという。10月に山口組の直系組織「司興業」の組員2人を含む計6人が強盗容疑で逮捕された。司興業は司忍・六代目山口組組長が創設した団体で、名古屋に拠点を置く。

「類似した犯行の手口から、今回の6億円事件も暴力団関係者が関与しているとみています。すでに捜査員を名古屋方面に派遣しています」(同前)

 謎に包まれているのは犯人だけではない。被害者の行動にも不可解な点が多く、捜査を難航させているという。

「被害者たちは貴金属の転売業者を名乗っているようですが、盗まれてすぐに通報をしたわけではなかった。6億円相当の金塊の入手元も明かしていないようで、犯人が脅し文句にした通り、本当に『密輸品』なのではないかとの憶測まで飛んでいます」(県警キャップ)

 1968年に起きた「3億円事件」は戦後最大の未解決事件となった。犯人も被害者も謎だらけの「6億円事件」は、金額だけでなく、謎の深さも倍増していた。

※週刊ポスト2017年1月1・6日号

本文を読む

連載・シリーズ

マネーポスト不動産売却 NO! 海賊版・違法サイト
TOP