芸能

俳優・山本學、田宮二郎さんとの最後の握手は痛かった

山本學が田宮二郎さんの思い出を語る

 映画史・時代劇研究家の春日太一氏がつづった週刊ポスト連載『役者は言葉でできている』。劇団俳優としてキャリアをスタートした、テレビドラマで活躍していた山本學は、テレビドラマ『白い巨塔』(1978年)で田宮二郎が演じる財前五郎と対立する医師、里見脩二を演じた。田宮との共演の思い出を語った言葉からお届けする。

 * * *
 山本學は1964年のテレビドラマ『愛と死をみつめて』(TBS)で人気を博した後は脇役を中心に多くの作品に出演した。

「スケールの大きい役者にはなれなかったけど、野球でいうと、ショートにいて『レフトまでは走ってボールを捕りに行けないけれど、自分の守備範囲に飛んできたら必ずダブルプレーをとる』という意識でいます。

 劇団の芝居で地方を歩いてきましたし、色々なジャンルで仕事してきましたので、本数だけは物凄く多いです。いつも、その場その場で必死でした。余裕を持っていられたことはありません。いつでも追われて、『どうだった?』と人に聞いて、撮影が終わって自分のを観たら『もう嫌だな。なんでここでこんなことをしたんだろう』と落ち込んで──その連続です。

 ですから、弟たちからは「あんちゃん、何でそんなにコチョコチョいろいろやるのよ』って言われます。そういう時は『でも、コチョコチョやってなきゃいい仕事は来ないんだよ』と言い返します。それでも『もっとノビノビといい仕事だけやってればいいじゃないか』と言われるんですが、ともかく仕事をやり続ける中でいい仕事が生まれると思うんですよ。『最初からいい仕事なんて、なかなかないよ』という話はよくしています。

 そのドラマの中で自分はどういう役割を担っているか。それだけは誠実にやっています」

関連記事

トピックス

前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
渡部
アンジャッシュ渡部建「応援の声」が増加 本格復帰は「グルメ路線」が現実的か
NEWSポストセブン
小泉を「ネエさん」と慕う満島(右)
ドラマで共演の満島ひかりと小泉今日子 意気投合した“私が男に飽きる時”
女性セブン
息の合ったコンビだった
『相棒』復帰の寺脇康文、登場シーンどうなる スーツ姿?警察学校で再教育?
NEWSポストセブン
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
すでに胴上げも(写真/共同通信社)
阪神逆転優勝「無理ではない」とOB 課題は鬼門の広島、心強い味方は巨人か
週刊ポスト
有権者に選ばれて当選したわけではない比例復活議員の中には…(時事通信フォト)
パパ活飲酒・吉川氏だけじゃない「比例復活ゾンビ議員」たちの不適切行為
週刊ポスト
もし在庫があったとしてすぐに設置できるとも限らない
猛暑予想でもエアコンは深刻な品薄 「1~2か月待ち」で夏に間に合わない可能性も
週刊ポスト
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト