ライフ

免疫力UPのパワー食材 納豆キムチ、甘酒ヨーグルトなど

インフル撃退の免疫力アップ食材は?

 乾燥する冬は、ウイルスの勢力も強まる時。風邪がなかなか治らない、インフルエンザにかかりやすい…、そんな人は、免疫力の低下が原因かもしれない。体内に侵入してきたウイルスや病気と“戦う”のは、リンパ球などの免疫細胞だ。主に、免疫細胞の約7割は腸にある。

 人間の体内には、健康な人でも毎日5000個ものがん細胞が発生しているといわれているが、免疫力が高いと、がん細胞を攻撃し、発症や増大を未然に防いでくれる。

 医師の加藤洋一さんによると、免疫力のピークは20代で、それ以降は徐々に減っていき、50代で急激に減少する。50才を過ぎるとがんの発症率が一気に上がるのもそのためだという。しかし、加藤さんは、免疫力は自分で鍛えられると話す。

「一卵性双生児で、ほぼ同じ免疫力をもって生まれても、生活習慣によって免疫力には差が出ます。大切なのは毎日の食事、運動、睡眠です。生活習慣を改善して免疫力を高めれば、がん細胞やウイルスを撃退できる体を作れるんです」

 日々の生活の改善で免疫力は自力で上げられる。

 免疫力アップに重要なのが食事だ。「免疫細胞を活性化させる食材を多く摂ることが、免疫力アップへの近道です」(加藤さん)。普段の食事に、以下の“パワー食材”を積極的に取り入れてはどうだろうか。

◆免疫細胞を活性化するファイトケミカルスムージー

“ファイトケミカル”は、植物や果物に含まれるポリフェノールなどの栄養成分。がんの原因となる活性酸素を抑える強い抗酸化作用がある。熱に弱く、皮や葉に多く含まれるので、丸ごとスムージーにして飲むと効率が良い。ほうれん草、ケール、にんじん、トマト、キウイ、りんごなどが飲みやすい。

◆良質なたんぱく質である大豆&青魚は免疫細胞の素

 免疫細胞を作り出すのに必要なのが、その素となる良質なたんぱく質。おすすめなのは大豆や青魚。特に青魚に含まれる良質な油であるDHAやEPAは、体を温める効果もあるので免疫力アップに一役。さらに、血液をサラサラにして動脈硬化や脳梗塞の予防にも。

関連記事

トピックス

角谷暁子アナ(テレビ東京の公式アナウンサーサイトより)
YouTube動画が100万回再生 テレ東・角谷暁子アナ4月改編で抜擢期待も「超セレブ生活」の不安材料
NEWSポストセブン
カメラに向かって涙ながらに告白する高橋茉莉氏
《看過できない行為あった》公認取り消し元アナ候補の高橋茉莉氏「ファーストクラス海外旅行」から「六畳一間」への転落【不運すぎる27年間】
NEWSポストセブン
初めての連ドラ主演に熱量を持って臨む福田麻貴が目撃された
本物の涙にこだわり10分間静止 連ドラ初主演「3時のヒロイン」福田麻貴の熱量に現場騒然
NEWSポストセブン
海外では
伊東純也「日本代表からは排除」の一方で「フランスでは活躍」 背景にある“推定無罪”の考え方
女性セブン
亡くなった山本陽子さん。81歳だった
【追悼】山本陽子さん、ショックを受けた岡江久美子さんとの別れ 親しい人を相次いで見送り、孤独死対策も考えていた
女性セブン
《「ここは撮影禁止だ!」》大谷翔平をクラブハウス内で無断撮影してYouTubeに公開した韓国メディアが出入り禁止に
《「ここは撮影禁止だ!」》大谷翔平をクラブハウス内で無断撮影してYouTubeに公開した韓国メディアが出入り禁止に
女性セブン
浅田美代子がパーティを開催。芸能人や元首相までが集まった
浅田美代子50周年イベントに佐藤浩市、三浦友和が登場、MISIAは生歌披露、小泉元首相も姿を見せる 藤井フミヤと小泉今日子の“まさかの2人”も
女性セブン
(写真/AP/AFLO)
《スターの素顔》真田広之「ヒロって呼んで」「それは呼べません」ハリウッド作品『SHOGUN』で大学後輩に見せた厳かな佇まい
NEWSポストセブン
4年ぶりの抽選なしの一般参賀に、天皇陛下らが揃って手を振られた
天皇誕生日の一般参賀、4年ぶり“抽選なし”で1万人近くが集まる 皇族方が笑顔で一堂に
女性セブン
オーバー70の有名人たちからも人気を集めている大谷翔平
冨士眞奈美、研ナオコ…大谷翔平にドハマりする“オーバー70”たち 尾木ママは開幕戦のプラチナチケットをゲット
女性セブン
宮城野親方
宮城野親方が部屋の消滅危機に! 間垣親方の代行が認められないのは「鳥取城北ルート」を断ち切る意図か
NEWSポストセブン
木村拓哉と香取慎吾の仲
【木村拓哉と香取慎吾】不仲説のあった2人の関係性が大きく変化 急逝した「SMAPの恩人」が願っていた再集結への道
女性セブン