芸能

石田純一が明かす、元妻・松原千明「死にたい」発言の真相

元妻の「死にたい」発言の真相を石田純一が語る

 自宅から出てきた石田純一(63才)は、本誌記者の問いかけに表情を曇らせた。「どこでそんな話を?」──。尋ねたのは、前妻・松原千明(58才)を巡る“ある騒動”について。「…わかりました。1つだけお話しいたします。確かに、彼女には不安定な部分はありました」。神妙な顔つきで石田が明かしたのは、松原の抱える深い闇だった。

 2月上旬の羽田空港。ハワイからの到着便に、ストレートヘアをなびかせて颯爽と歩く長身美女の姿があった。石田の長女、すみれ(26才)である。

 彼女は昨年10月以来、事実上の休業状態に陥っていた。さまざまな憶測が飛んだが、原因の1つは、同8月、すみれがSNSにアップしたひと言にあったという。

「ジャスティン・ビーバー(22才)の来日コンサートに行った際、『やる気のなさ』『口パク』といった言葉をインスタグラムに書き込んだんです。これを見たファンが怒り、すみれさんを非難するコメントが殺到しました。当時、多忙な日常に心身が疲弊していたこともあり、追い打ちをかけるような過激な言葉は精神的に耐えられなかった。彼女はもともと感受性が豊かで、人にどう見られているかをすごく気にする性格なんです」(芸能関係者)

 石田も『週刊新潮』で、この炎上事件が休業の一端だったことを認めており、《しばらくネットの見られる環境から離れて、のんびりするように勧めた》と話している。石田の助言通り、すみれは松原の住むハワイに帰り、4か月の休養生活を送っていた。今回のすみれの日本帰国について、別の芸能関係者が説明する。

「CMの撮影があったそうです。やっと仕事ができるほど精神的に落ち着いたみたいですね。むしろ問題は、お母さんの方ですよ。すみれさんの本格復帰の鍵は、松原さんにあるんです」

 すみれの傷心と再生の裏で、松原もまた闘っていたことを知る人間は少ない。

◆おかしくなっていたのは事実です

 1999年に石田と離婚し、ハワイに移住した松原とすみれ。松原は直後に現地の語学学校教師だった男性と恋に落ち、入籍せぬまま妊娠。ワイドショーを沸かせた。

 長男(16才)を出産後、2001年にふたりは正式に結婚。家族4人の生活をスタートさせた。しかし、「今度こそ幸せな家庭を築きたい」という松原の願いとは裏腹に、夫婦間には溝が生まれていった。

「彼はいつの間にか仕事を辞め、石田さんからすみれさんに支払われていた月額100万円を超える養育費を無心するようになったそうです。加えて、女癖の悪さも見えてきたといいます」(松原の知人)

関連記事

トピックス

長男が明かした志垣太郎さん 急逝前日「俺は100才まで生きる」と語っていた
長男が明かした志垣太郎さん 急逝前日「俺は100才まで生きる」と語っていた
NEWSポストセブン
K
globeのKEIKOが新曲を極秘収録、歌声も披露 小室哲哉もコーラスで参加
女性セブン
3月に亡くなっていた志垣太郎さん
稀代の名俳優・志垣太郎さん急逝の裏にあった番組降板、プライベートのトラブル
NEWSポストセブン
笑顔で“ファン”に対応をした土屋太鳳
土屋太鳳『あぶない刑事』ロケ撮影後にファンから“一般人”扱いされるも笑顔の神対応
週刊ポスト
個人でSNSを開設する日はくるか
秋篠宮皇嗣「皇嗣誕生日会見」で踏み込んだ「皇族の個人SNS開設」の高いハードル
NEWSポストセブン
自撮りする岡田容疑者(インスタグラムより)
《サイン偽造の疑い》ぱんちゃん璃奈を逮捕「本業で1円も稼いでない」ぶっちゃけていた懐事情と「パチンコ夢中」発言
NEWSポストセブン
子供達に罪はない(公園に貼られた張り紙)
【公園廃止】「子供の声がうるさい」と意見したのは国立大学名誉教授 市役所は忖度か
NEWSポストセブン
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
NEWSポストセブン
政治の妨害も続いているという
旧統一教会に立ち向かう霊感商法対策スーパー弁護団 いまなお続く「政治の妨害」
週刊ポスト
九州場所
九州場所「着物美人」の隣にいたのは「溜席の妖精」に似た別人だった 本人は「普段からあんな感じです」と告白
NEWSポストセブン
橋本環奈
橋本環奈、熱愛報道から“逃げない姿勢”で好感度アップ 世代問わず支持される理由
NEWSポストセブン
奥から武田ショウコさん(仮名)、小川さゆりさん(仮名)、もるすこちゃんさんの元2世信者座談会
【旧統一教会・元2世信者が緊急集結】「テレビはすべてサタンが作っている」の教え
週刊ポスト