国内

激やせ心配される愛子さま 期末試験直前にも学校欠席

保護者からも心配の声が…

 3月3日から7日まで、学習院女子中等科で3学期の期末試験が行われた。22日に卒業式を迎えられる愛子さまにとって、中学校生活最後のテストだった。髪を後ろで1つに束ねられた愛子さまは、手にしたノートに目を落とされたかと思うと、顔をあげて小さくつぶやかれながら校門まで歩かれていた。直前まで駆け込み勉強をされる姿はどこにでもいる中学3年生に映る。

 だが、その闊達なご様子とは裏腹に、愛子さまのやせ細りぶりに不安の声は募る一方だ。実際、愛子さまはテスト直前の2月27日から3月1日まで学校を欠席。2日も6時間目のみの登校と、不安定な状態が続いている。

「学校では、愛子さまの変化は“触れてはならないこと”だという暗黙の了解が広がっているように感じます。ただ、“とうとうメンタルの問題が体に出てしまったのかしら”と本音を漏らす保護者もいます」(学習院関係者)

 約1年で18kgも体重が減り、最近では37㎏しかないという愛子さまの激やせは、過度な炭水化物抜きダイエットが引き金になったとも囁かれている。だが、愛子さまを激しいダイエットに駆り立てたのは、ご自身の女心だけではないだろう。そこには平成皇室が目指してきた「改革」が影響したのではないだろうか。ある皇室ジャーナリストは皇室の変革に理由を見い出す。

「戦前の話ですが、皇室と国民の間には、分厚い菊のカーテンが下りていました。ごくたまに公務やお出ましなどで目にする機会はあっても、カーテンの向こう側を覗き見ようとすることそのものが畏れ多いと認識されていたのです。変化のきっかけは終戦、そして美智子さまが初の民間出身の皇太子妃として皇室へ嫁がれたことでした。伝統的な乳母制度を廃止し、エプロンを着けてキッチンに立たれる美智子さまの姿は、菊のカーテンを少しずつ薄くしていった。開かれた皇室に国民は親近感を覚え、皇室と国民の距離が縮まっていったのです」

◆近過ぎる距離感がもたらす弊害も…

トピックス

公明党が不信感を募らせる背景には岸田首相の“二股”も原因(時事通信フォト)
【自公25年目の熟年離婚へ】日本維新の会と“二股”をする岸田首相への怒り 国会最終盤で公明党による“岸田降ろし”が勃発か
週刊ポスト
大谷が購入した豪邸(ロサンゼルス・タイムス電子版より)
大谷翔平がロスに12億円豪邸を購入、25億円別荘に続く大きな買い物も「意外と堅実」「家族思い」と好感度アップ 水原騒動後の“変化”も影響
NEWSポストセブン
杉咲花
【全文公開】杉咲花、『アンメット』で共演中の若葉竜也と熱愛 自宅から“時差出勤”、現場以外で会っていることは「公然の秘密」
女性セブン
被害者の渡邉華蓮さん
【関西外大女子大生刺殺】お嬢様学校に通った被害者「目が大きくてめんこい子」「成績は常にクラス1位か2位」突然の訃報に悲しみ広がる地元
NEWSポストセブン
京急蒲田駅が「京急蒲タコハイ駅」に
『京急蒲タコハイ駅』にNPO法人が「公共性を完全に無視」と抗議 サントリーは「真摯に受け止め対応」と装飾撤去を認めて駅広告を縮小
NEWSポストセブン
阿部慎之助・監督は原辰徳・前監督と何が違う?(右写真=時事通信フォト)
広岡達朗氏が巨人・阿部監督にエール「まだ1年坊主だが、原よりは数段いいよ」 正捕手復帰の小林誠司について「もっと上手に教えたらもっと結果が出る」
週刊ポスト
イラン大統領「ヘリ墜落死」を佐藤優氏が分析 早々に事故と処理したイラン政府の“手際のよさ”の裏で密かに進む「国家の報復」
イラン大統領「ヘリ墜落死」を佐藤優氏が分析 早々に事故と処理したイラン政府の“手際のよさ”の裏で密かに進む「国家の報復」
週刊ポスト
家族で食事を楽しんだ石原良純
石原良純「超高級イタリアン」で華麗なる一族ディナー「叩いてもホコリが出ない」視聴率男が貫く家族愛
女性セブン
快進撃が続く大の里(時事通信フォト)
《史上最速Vへ》大の里、来場所で“特例の大関獲り”の可能性 「三役で3場所33勝」は満たさずも、“3場所前は平幕”で昇進した照ノ富士の前例あり
週刊ポスト
杉咲花と若葉竜也に熱愛が発覚
【初ロマンススクープ】杉咲花が若葉竜也と交際!自宅でお泊り 『アンメット』での共演を機に距離縮まる
女性セブン
中条きよし氏(右)のYouTubeチャンネル制作費は税金から…(時事通信フォト)
維新・中条きよし参院議員、公式YouTube動画制作に税金から500万円支出 チャンネルでは「ネコと戯れるだけの動画」も
週刊ポスト
「週刊ポスト」本日発売!「官房機密費」爆弾証言スクープほか
「週刊ポスト」本日発売!「官房機密費」爆弾証言スクープほか
NEWSポストセブン