芸能

高橋一生という「種」 潜在意識に埋め込まれ今、花開いた

“手ごわいモテ男”高橋一生

 雑誌『anan』(マガジンハウス)で毎回話題となるセックス特集。今回表紙を飾ったのは、高橋一生(36才)だ。ドラマ『カルテット』(TBS系)では、ちょっとめんどくさいモテ男の“家森さん”を、大河ドラマ『おんな城主 直虎』(NHK)では切ない片思いを続ける策略家の“鶴”を好演して話題沸騰中の彼が、このタイミングで脱いだとあって、身もだえしている女性が全国で大量発生中だ。

「だって、こんなに絡みが多いのって初めてですよねぇ。今までは、ジャニーズ系アイドルとか向井理くん(35才)とか、ドラマや映画の主演級のタレントさんが多かったから、ここまではできなかったでしょう」

 そう言いながらページをめくるのは、女装家で脚本家のエスムラルダさん。もっとも彼女(?)の場合は、彼の裸に欲情するというより、事が始まる前のいちゃいちゃシーンで、白ニットから鎖骨をのぞかせている写真のほうが色っぽくて好きなのだそう。

「それにしても最近の“高橋一生キテるぞ感”はすごいわよね。子役の時から見てきた私にしてみれば、ずっとバイプレーヤーとして“わかる人にはわかる”っていう立ち位置で作品を下支えするタイプだと思っていたから、ちょっとびっくり。

 ちょこちょこ、私たちの潜在意識のなかに『高橋一生』の種が埋め込まれてきたのが、今パッと花が咲いたのね。でもこの花、手が届きそうで、実は全然届かないのよ。手ごわいのよ~」(エスムラルダさん)

 この感じ、気づいたら好きになっていた――誰もが一度は経験したことがあるであろう、あの恋心に似ている。

「もともとぼくの人生はあまり豊かではなかった」

 そう公言する高橋。《10代~20代前半まではそんな現実から逃げたかったんです。違う自分になれば、逃げていられたから》と、芝居に熱中した経緯を明かしていた。それは彼の家庭環境も無関係ではないだろう。

 母親が18才の時に高橋が生まれ、弟4人。母は同じながら、父は高橋、2番目と3番目、4番目と5番目で、3人違うという。

「いちばん下の弟は、高橋さんが18才の時に生まれたので、おむつ替えもお手のもの。高橋さんが父親代わりとなって何かと弟たちの世話を焼いていると聞きました。だから彼は家事も料理も得意。歴代の彼女にもいつも手料理を作っていたそうです」(芸能関係者)

 ピアノやエレクトーン、ギター、水泳、ダイビングなどたくさんの習い事をしてきたが、児童劇団だけは“おばあちゃんがものすごく喜んでくれたので”長続きしたという。しかし…、

関連記事

トピックス

佳子さま「かつて交際が噂されたお相手男性が結婚」の余波 新たなお相手候補報道も
佳子さま「かつて交際が噂されたお相手男性が結婚」の余波 新たなお相手候補報道も
週刊ポスト
大の里にとって思わぬ難敵?(左は河村たかし市長/時事通信フォト)
先場所Vの大の里、名古屋場所で苦しいスタート 関係者が同情する“河村たかし市長と相撲を取った力士は優勝できない”のジンクス
週刊ポスト
最初にペンライト文化を広めた西城秀樹さん
「ペンライト文化は韓国発祥」BTS事務所の主張で論争 専門家は「最初に広めたのは西城秀樹さん」、“ゴンドラ”“観客と同じ振り付け”も秀樹さんの功績
女性セブン
のれんをくぐり終えた中野はとりあえず左方向を確認した
《俳優・中野英雄を直撃》元妻宅⇔YouTube共演女優(31)と横須賀4連泊の二重生活「キスはないけどチューはある」「そりゃ大好きですよ」
NEWSポストセブン
なぜ佳子さまを含む秋篠宮家について取り上げないのか(時事通信フォト)
「1番新しい投稿に佳子さまが!!!!」宮内庁インスタグラムが佳子さまのお姿を初投稿にファン歓喜 “ワンショット”に期待の声も
NEWSポストセブン
“ジュノンボーイ”ファイナリストともに逮捕された佐野(時事通信フォト)
《サッカー日本代表が不同意性交容疑》佐野海舟と共に逮捕された“ジュノンボーイ”ファイナリスト・竹内迅人容疑者、落選で夢破れて芸能人養成スクールを辞めたばかりだった
NEWSポストセブン
大谷翔平夫人の真美子さんは奥様会でどうすごしている
《オールスターで特大HR》大谷翔平の妻・真美子夫人、ドジャース奥さま会で“目立たないように…” 集合写真では前列中央から“後列の端のほう”に立ち位置移動
女性セブン
性的暴行の疑いで逮捕された佐野海舟(インスタグラムより)
「面識のない女性を3対1で…」性的暴行で逮捕・佐野海舟容疑者「社会を知らない」と危惧していた父…直前に「プライベートも楽しむ」“意味深”投稿
NEWSポストセブン
吉川赳議員(時事通信フォト)
吉川赳・衆議院議員(42)、「18歳女子大生と4万円でパパ活飲酒」記事裁判で敗訴判決 請求はいずれも棄却
NEWSポストセブン
深沢の唯一のレギュラー番組は『噂の!東京マガジン』のみ
《本人を直撃》深沢邦之“ホテルデート”のお相手は元妻・田中美佐子の“20年来のファン女性”だった!ブログのコメント欄で深めていた“親密な関係”
NEWSポストセブン
元NHKアナウンサーの長谷川朋加アナ(インスタグラムより)
【スイカップ以来の衝撃】元NHKアナウンサー(33)「初ビキニ姿披露」で隠れ美スタイルが話題「かつて山形放送局で勤務」
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! ポスト岸田「こいつだけはダメ!」リストほか
「週刊ポスト」本日発売! ポスト岸田「こいつだけはダメ!」リストほか
NEWSポストセブン