• TOP
  • 国内
  • 民進党開発のVR蓮舫「政治に無関心な若者のきっかけに」

国内

2017.04.05 16:00  週刊ポスト

民進党開発のVR蓮舫「政治に無関心な若者のきっかけに」

ブーメランも投げてきます(民進党が作成した「VR蓮舫」の広告)

「歴代総理大臣が味わった蓮舫の追及をアナタは耐えられるか……」──そんなキャッチコピーとともに、民進党が3月27日に発表したのが「VR蓮舫」というゲームだ。アニメ、音楽、コスプレなどのサブカルチャーを体験するイベント『ニコニコ超会議2017』(4月29~30日に開催)に出展するために制作されたという。

 視聴用ゴーグルをかけると立体的な蓮舫・民進党代表が目の前に登場。プレイヤーは「首相」となり、国会で蓮舫氏に追及されるシチュエーションを体験できる。

 このとき、プレイヤーの心拍数が画面に表示される。厳しい質問にも心拍数を上げることなく平常心を保てた場合は「あなたは長期政権です」などと判定されるのだ。民進党青年局のゲーム開発担当者が制作意図を語る。

「政治に関心のない若者が興味を持つきっかけになればと思っています。昨年も『ニコニコ超会議』に民進党議員の映像コラージュを出展しましたが、1時間待ちになるほど好評でした」

 担当者によると、蓮舫氏に「VR蓮舫」への“出演”を打診をしたところ、「こういうものはどんどんやればいい」とすぐに許可が降りたという。

 だが、ネット上では、このゲームをめぐって「こんなものを作っている暇があったら森友学園の追及をしっかりやれ」と逆追及される展開に。今や民進党のお家芸になった“ブーメラン”だ。ゲームの制作費について聞いてみた。

「あくまで党のPRのためなので政党交付金などの税金ではなく、党のサポーターから集めたお金が原資です」(前出・民進党の担当者)

 現実の国会での追及がイマイチだと、「VR蓮舫」の価値にも影響が出るのでご注意を。

※週刊ポスト2017年4月14日号

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス