芸能

長女を宝塚に一発合格させた松岡修造の熱血教育5か条

高倍率をくぐりぬけ宝塚に一発合格した松岡修造の長女・恵さん

 松岡修造(49才)の長女・恵さん(17才)が26.1倍という倍率をくぐりぬけ、第105回宝塚音楽学校に合格したことが話題になっている。宝塚の受験は2度、3度と挑戦するのが当たり前だが、恵さんは一発合格だった。

 古くは八千草薫(86才)や扇千景(83才)、黒木瞳(56才)、真矢ミキ(53才)、天海祐希(49才)、檀れい(45才)といったそうそうたる顔ぶれを輩出した宝塚音楽学校。同校のモットーは「清く、正しく、美しく」。厳しすぎるまでの“鉄の掟”が存在し、「女の軍隊」と呼ばれることもある。

「教室や廊下の床は、ほうきでごみをとってぞうきんがけをするのはもちろんのこと、髪の毛1本、ほこりひとつ残さないよう粘着テープでペタペタ仕上げ。校内で大声で笑ったり、しゃべったりしてはいけないし、ピースサインもNGです」(元タカラジェンヌ)

 そんな厳しい環境に身を投じる恵さんに、松岡は5か条の「熱血教育」を施していた。

◆1か条:たとえ親に勘当されようとも「選んだ道」は最後までやり通せ!

 1995年にウィンブルドンでベスト8に進出した松岡は、慶應高校在学中に親の反対を押し切ってテニスの強豪・柳川高校(福岡)に転校した過去を持つ。

「意外にも修造さんは娘にテニスの道を押しつけなかった。それは“親や周囲が何と言おうが、道を選ぶのは自分”という信念があるからです。17才で渡米を決意したときには、母親の反対を“今、行かなきゃおれはダメになる”と押し切ったそうです。世界転戦中は、実家からの援助は一切なし。彼は“おれはテニスで勘当されたから”と笑い話にしていますが、どんなに苦境でも自分が選んだ道を絶対に諦めないことの大切さを背中で語ってるんです」(松岡の知人)

 この先高いハードルが待ち受ける恵さんにとって、最高のお手本が松岡なのだ。

◆2か条:人生に正解はない。なぜ? なぜ? と問い続けろ

「恵さんが幼少の頃、嘘をついてしまったり叱られるようなことをしたとき、修造さんは徹底的に“なぜそんなことをしたのか?”と聞き続けたんです。何時間かかっても深夜になっても、翌朝早くから仕事が入っていてもやめない。“答え”を教えることは簡単ですが、それでは恵さん自身が考えることをやめてしまい、それ以上の成長がなくなります。修造さんは奥さんに呆れられても決してやり方を変えなかった」(前出・松岡の知人)

 人生の厄介なところは“答えがない困難”がたくさんあることだ。そんな時に、“なぜ?”を問い続ける修造流が役に立つ。

◆3か条:夢は口に出せ。出せば出すほど思いは強くなる

「この1球は絶対無二の1球なり」――現役時代、松岡は勝負所でサーブを打つ前に常にそう呟いていたという。

「自分を奮い立たせるような言葉を口ずさんでいました。言葉にすればするほど、気持ちも強くなっていく。それが、夢を現実のものにするための手段なんです。恵さんが幼少の頃から、修造さんは会話の時間を重要視していました。

 テレビは1日1時間に制限し、食卓でも寝室でも、とにかく思いを話す時間を多く設けた。言葉にするうちに、目標や目的の輪郭がより鮮明になっていき、目指す場所に近づけるんです」(前出・松岡の知人)

関連記事

トピックス

大谷翔平
大谷翔平、ハワイの25億円別荘購入に心配の声多数 “お金がらみ”で繰り返される「水原容疑者の悪しき影響」
NEWSポストセブン
死体損壊容疑で逮捕された平山容疑者(インスタグラムより)
【那須焼損2遺体】「アニキに頼まれただけ」容疑者はサッカー部キャプテンまで務めた「仲間思いで頼まれたらやる男」同級生の意外な共通認識
NEWSポストセブン
『株式会社嵐』設立
『株式会社嵐』設立で整った嵐としての活動の基盤 デビュー25周年の記念日に向けて高まる期待
女性セブン
水原一平容疑者の半生を振り返る(C)BACKGRID,Inc/AFLO
《現地レポート》水原一平容疑者「中学時代は帰宅部」同級生が口を揃える“影の薄さ”「騒いでるのをそばで見ているタイプ」「高校の同窓会には不参加」
週刊ポスト
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
女性セブン
伊藤
【『虎に翼』が好発進】伊藤沙莉“父が蒸発して一家離散”からの逆転 演技レッスン未経験での“初めての現場”で遺憾なく才能を発揮
女性セブン
いまや若手実力派女優の筆頭格といえる杉咲花(時事通信フォト)
【『アンメット』での難役も好評】杉咲花、俳優事務所から“ドラマ共演の逆指名”が増える理由
週刊ポスト
古手川祐子
【全文公開】古手川祐子 表舞台から姿を消して8年、ガーデニングに勤しむ日々 一人娘は引退否定も「気力も体力も衰え…“働きたくない”が長引いている」
女性セブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン
《重い病気を持った子を授かった夫婦の軌跡》医師は「助からないので、治療はしない」と絶望的な言葉、それでも夫婦は諦めなかった
《重い病気を持った子を授かった夫婦の軌跡》医師は「助からないので、治療はしない」と絶望的な言葉、それでも夫婦は諦めなかった
女性セブン
初のゴールデン帯&月9主演を同時に果たした広瀬アリス
【“格差姉妹”と言われた過去も】広瀬アリス、妹・すずより先に「月9主演」の逆転人生
週刊ポスト
「週刊ポスト」本日発売! 水原一平の「不当解雇訴訟」の詳細ほか
「週刊ポスト」本日発売! 水原一平の「不当解雇訴訟」の詳細ほか
NEWSポストセブン