• TOP
  • 芸能
  • 真矢ミキ テレビに出演する時も時短のため自分でメイク

芸能

2017.04.25 07:00  女性セブン

真矢ミキ テレビに出演する時も時短のため自分でメイク

独自のメイク法を語る真矢ミキ

 女性は装いだけでなく、メイクも季節に合わせて“衣替え”。実は、テレビに出演するときにもメイクを自分でするという女優の真矢ミキさん。宝塚トップスターでもある真矢さんが、メイク時に気をつけていることを教えてくれました。

 * * *
 春ですね。私もやっとこさ、制服のようにお世話になったタートルネックを本格的に脱皮する季節となりました。ああ、長い冬眠だった。

 デパートに足を運ぶと、洋服フロアだけじゃなく、メイクフロアにも春が訪れていて、「なるほど、春はやっぱりピンク系の口紅が充実しているのかぁ」と、新色を1本買ってみたり。それだけでも気分が若干上がるのだから、女性は楽しい。顔からも“春”を取り入れるのだ。

 普段はもちろんのこと、私はテレビに出演するときも、基本、自分でメイクします。なぜなら時短です。メイクさんにお願いすると、多分30分から1時間くらいのタイムラグが生まれる。特に今は早朝の10分は大きい…というのが本音だ。もちろん彼女たちの腕の方があきらかに華やかになるのは言うまでもない。

 私のメイク時間は、メイクさんに髪の毛をブローしていただきながら、同時進行で私が顔を仕上げていく。ブローで頭の揺れは多少あるものの、慣れとはすごい、今では結構な揺れの中でもアイラインを余裕でひける自信あり。おかげで…今日も目力が半端ない。

 しかし、こう見えて私、昔は目力がなかったのだ。多分、宝塚時代、毎日2500人収容できる劇場に私は18年間立っていたので、2階の最後列のかたまで届け! という思いがみるみる私の目を大きくしていった気がする。

 ほら、キリンの首が長いのはキリンが草食動物で木の上の実などを食べるために伸びたとか、ウマは敵を早く発見し自分の身を守るためから目が顔の横についていて視野を広げているとか…つまり動物は進化しているのだ。私の顔もそう…進化だ! だから、お化粧には気をつけないと、私の力強い目にアイシャドウやライン、マスカラの3点セットを丁寧におくと、顔の中で目が占める割合が8割くらいの、例えるならば、宇宙人のような顔になるのだ。

 おまけに、眉、そして唇などもしっかりメイクをすると取り返しのつかないことになる。宇宙人の嫁入りだ。とにかく、お腹一杯の顔になるのだ。世界が絶滅してもひとりで生きて行けそうな顔になるのだ。余談だが、私が死ぬまでに人に言われたい言葉は“守ってあげたい”だ。逆はよくいわれる。

“守ってください”。話を戻そう。

関連記事

トピックス