• TOP
  • 芸能
  • 市川海老蔵 麻央の渡米治療を模索し涙の奔走

芸能

2017.04.28 07:00  女性セブン

市川海老蔵 麻央の渡米治療を模索し涙の奔走

麻央の渡米治療の費用捻出に奔走しているというが…

《一昨日、昨日と輸血、点滴をして頂き、また、痛みどめの量を増やし、息苦しさが軽減しました。輸血をさせて頂けることに、感謝です》

 4月24日、小林麻央(34才)は病院からブログを更新した。1月末、子供たちからの「ママ、帰ってきてくれてありがとう」という言葉とともに都内の大学病院から退院し、自宅療養していた麻央だったが、4月22日に再入院した。

 娘の麗禾ちゃん(5才)とともに夫の市川海老蔵(39才)への手紙を書いたり、息子・勸玄くん(4才)の誕生日にケーキを作ったり、穏やかな日々が続いていたが、4月中旬に体調が急転。19日のブログにはこう綴られた。

《息苦しさと 変な発汗と 痛みと。10日前まで普通に歩けたのに、10歩歩くのもやっとになってしまうのだから》
《夜、母に背中をさすってもらって 一緒に泣きました。》

 地方公演で家族のもとを離れている海老蔵は心配でたまらない様子だ。同日、自身のブログで《何回かかけるも繋がらずなにかあせる私、 家に電話をしてお母様と話すとホッとする》と、娘からの電話に折り返しても繋がらなかった時の不安を明かしている。市川家の知人が言う。

「1月末に退院して以降の治療方針は、がんそのものをなくすことよりも、痛みを緩和して普通の生活を送れるようにするということ。それでも最近、痛みのコントロールも難しくなっているようで、再入院となったようです」

 誰よりも強く麻央の回復を願っているのは海老蔵だ。昨年10月、《おれがたすける》とブログに綴った海老蔵は《奇跡を起こすためには、何が奇跡なのかを徹底的に調べ上げなくては》と、具体的な治療法を探し続けていた。選択肢の1つにあったのが、渡米して治療を受けることだった。

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス