• TOP
  • 国内
  • 還暦女性はニンフォマニア? 閉経と「抗うつ作用」の関係

国内

2017.04.29 07:00  女性セブン

還暦女性はニンフォマニア? 閉経と「抗うつ作用」の関係

精神科医の片田珠美さん

 出資法違反で送検された山辺節子容疑者(62才)は、男性ばかり50人を超える被害者から7億円もの金をだまし取っていたといわれている。そんな山辺容疑者は、肌を大胆に露出した服を着て、38才であると自称し、タイ在住の31才の男性に貢いでいたという。

 山辺容疑者は60才を超えてもなお性欲旺盛に見えるが、この傾向は女性全体に言えることなのだろうか。「女性の肉食化」などと言われるこのトピックについて、ネットニュース編集者の中川淳一郎さん(43才)、精神科医の片田珠美さん(56才)、動物行動学研究家の竹内久美子さん(60才)が意見を交わした。

中川:こうした女性の話になると、女性の肉食化、おじさん化という人もいますが、そうじゃないと思う。女性はもともと、肉食で、じゃあ、何が変わったかといえば、ぼくは自由奔放になってきたと感じています。結構、不倫にも抵抗がなくなってきていて、「バレなければいいでしょ」って女性がぼくの周りでもいる。「不倫するとか、他の男とつきあうことで、結果的に私の人生上向いて」って言う人も1人や2人じゃありません。そういう人は確かに30代~40代が多い。

片田:精神医学では、女性の異常な性欲亢進をニンフォマニアと呼ぶんですけど、女性は閉経前後になると一時的にニンフォマニアの状態になるという報告があるんです。

中川:最近『夫のちんぽが入らない』っていうタイトルの本が売れていますよね。これって、女性の胸に響いたんだと思いますよ。今はちょっと調べれば、誰でも簡単に豊富な性知識を得られますよね。みんなのテクニックや、サイズ感など、何が標準で何がそうでないかなどの情報であふれています。だから、「私もベストを見つけたい」と思うようになってきたんじゃないかと思うんです。

関連記事

トピックス