• TOP
  • スポーツ
  • 「清宮は高卒でプロ、ヤクルトかパが最適」と広澤克実氏

スポーツ

2017.05.12 16:00  週刊ポスト

「清宮は高卒でプロ、ヤクルトかパが最適」と広澤克実氏

怪物・清宮はどの球団へ?(写真:時事通信フォト)

 早くも今秋のドラ1指名に踏み切る球団の名前まで報じられた早稲田実業の怪物・清宮幸太郎(17)。この怪物がさらに大成するために、何が必要なのか。清宮は夏までに高校通算100本塁打超えは確実ともいわれる一方、「あくまで練習試合も含めた数字。話題先行で課題は多い」(ベテランのアマチュア記者)との指摘があるのも確かだ。

●守備/一塁手として育てればいい!

 過去に右肩を故障した影響で一塁しか守れないことを“欠点”と指摘する声もある。

「ファーストは巨人の阿部、広島の新井貴浩(40)のように“守れなくなった強打者”の指定席だし、外国人選手もいる。一塁限定では、プロだと出場機会が得づらくなる」(スポーツ紙記者)

 ただ、ヤクルト時代に古田敦也らを発掘した名スカウト・片岡宏雄氏は「チーム編成を清宮に合わせればいい」と提言する。

「清原和博も高卒プロ入り直後からずっと一塁で活躍した。要は球団が編成の時点で“清宮は一塁手として大成させる”と腹を決めればいい。そうすれば、外国人も獲る必要がなくなる。

 守備はきちんとしたコーチの指導である程度、上手くなるものです。その点、彼の打球を飛ばす力は天性のもの。手首が強いのに柔らかく、懐が深い。こちらは教えたからといってできるものではありません」

 片岡氏は「12球団のうち半分くらいが1位指名でおかしくない素材」と語った。

関連記事

トピックス