• TOP
  • スポーツ
  • 「大相撲ジャーナル」が2つに 専門誌の仁義なき名跡争い

スポーツ

2017.05.15 16:00  週刊ポスト

「大相撲ジャーナル」が2つに 専門誌の仁義なき名跡争い

相撲人気沸騰で専門誌の競争も激化

 相撲人気の沸騰にメディアも沸いている。ただ、競争激化にファンが戸惑う事態も生まれている。

「この5月から、2誌だった月刊の相撲専門誌が3誌に増えたのですが、その“増え方”がなんとも奇妙なんです」(古参ファン)

 先月まで月刊の専門誌は、

●『相撲』(発行・編集/ベースボール・マガジン社)
●『NHK G-Media 大相撲ジャーナル』(発行/アプリスタイル、編集/NHKグローバルメディアサービス)

 の2 誌だったが、今月から『NHK G-Media 大相撲ジャーナル』がなくなり、新しく、

●『NHK G-Media 大相撲中継』
●『スポーツ報知 大相撲ジャーナル』

 が発売されたのだ。

「2 誌とも元の雑誌を受け継ぐような名前。読むとどちらも“ウチが正統な後継誌”といっているようなんです」(同前)

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス