ライフ

「女性優遇で“弱いオヤジ”が生きづらい状況に」と山崎元氏

「女性向けの割引や特典といったサービスやそういうインセンティブは、オヤジにはありません。その反面、オヤジは女性に気を使わねばならない環境が強まっている。例えばセクハラ。女性がオヤジに『ハゲ』と言っても、セクハラにはなりませんが、オヤジが同僚女性の体形について言及すると、それが大問題になりかねない。

 オヤジが優遇されないのは本来、経済的強者だったからですが、近年は給料が伸びなくなり、それに対して『男のくせに甲斐性がない』と叱咤される。間違いなく弱いオヤジは生きづらい世の中になっています。女性優遇を進めるのであれば、その一方で、男性に掛かるプレッシャーを弱めてほしい。それが男女平等につながるのではないでしょうか」

 この女尊男卑社会を生き抜くためには、男らしさから解放される必要があるのかもしれない。

※週刊ポスト2017年5月26日号

関連記事

トピックス